【配当利回り7%】コマツ(6301)の減配リスクを考えてみる

6301 小松製作所 コマツ3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安定した配当金収入を得ることができれば、副収入源として魅力的です。

コロナショックの影響で、今まででは想像できないような高配当株が増えています。

例えば、三井住友FCは7%程度ありますし、JTも8%を超えています。

FPG(7148)に至っては配当利回りが12%を超えています。

※いずれも2020年3月19日時点

減配リスクの高い銘柄もあります。減配となれば、当然、その前提として減収・減益となっている可能性が高く、株価の下落ショックも大きくなる可能性がありますね。

スポンサーリンク

高配当利回りだけに注目しないようにしよう

配当金は安定した収入源となるので魅力的ですが、今回のようなコロナショックの株価下落によって、企業の業績が悪化懸念が出ています。

私は、通信株など業績悪化懸念が低い銘柄に振り向けましたが、高配当利回りではなくなっています。

高配当ランキングを見ると、心が揺れますね。

※いずれも2020年3月19日時点

2020.3.19高配当ランキング  Yahoo!ファイナンスより

高配当株投資の最低限のチェック事項

高配当株への投資は、減配されれば当然ながら高配当ではなくなる可能性があります。

リーマンショックのときには、日産自動車が無配に転落していますし、日産自動車の例を出すと、さきの業績悪化で大きく減配しています。

  • 業績が好調であること
  • 配当性向が高すぎないこと

この2点は、チェックしておきたいところです。

配当利回り7%超え コマツ

建機2位のコマツ(6301)ですが、配当利回り7%超えというのは見たことがありません。

株価の大きく下落しており、配当金も安定して出しているので、超高配当株となっていますえん。

まずは、業績予想を見ておきましょう。

マネックス証券のツールが便利です。

6301 コマツ 業績

マネックス証券より

20年3月期は、減収・減益の予想です。

EPSについても271.8円(19年3月期)⇒190.7円(20年3月期予)と大きく減少しています。

営業利益で見てみると、前年同期比で▲29.9%と大きく減益です。

四半期の業績をチェック

企業は、四半期ごとに業績を出していますので、そこから予想をしていきます。

6301 コマツ 四半期業績

6301 コマツ 四半期業績 マネックス証券より

売上高で見ると減収幅が大きくなっています。

3Q累計で見てみると、概ね通期予想並みの減収・減益です。

6301 コマツ 20年3月期3Q決算短信より

6301 コマツ 20年3月期3Q決算短信より

6301 コマツ 20年3月期3Q決算短信より 通期予想

6301 コマツ 20年3月期3Q決算短信より 通期予想

コマツの主力建機であるコムトラックスの稼働状況を見てみます。

月次データを出してくれている企業の銘柄を保有している場合は、チェックが必須ですね。

6301 コマツ コムトラックス

6301 コマツ コムトラックス

第4四半期となる1月から3月ですが、

  • 1月の日本の稼働時間が大きく減少
  • 北米は1月・2月と稼働時間が減少
  • 中国も1月・2月と大きく減少

となっています。

コマツの建機は、あまり元気よく稼働していない様子がうかがえます。

コマツの建機の売上は、日本と北米で40%ほど占めます。一方、中国は意外にもわずか6%程度ですので、それほど大きな影響はなさそうです。

6301 コマツ 市場 2020年3月期3Q決算説明会資料より

6301 コマツ 市場 2020年3月期3Q決算説明会資料より

もちろん、決算が出てからしかわからないものですが、4Qは少し悪いかもしれないなという印象を持つことができます。

最後に配当性向を見ておこう

コマツの配当性向の推移です。

コマツは、以前は配当性向40~60%という目標をもっていましたが、現在は配当性向40%以上という配当政策をとっています。

IR 小松製作所の配当金について

6301 コマツ 配当性向

コマツの配当性向は高くなっていますし、業績の悪化もあります。

減配リスクはやや高くなっていると考えられます。

19年度決算が出て減配となりました。

6301 コマツ 配当金

今期の配当金は維持されても、いまの新型肺炎による景気悪化が続けば、減益・減配シナリオも見えてきます。

「今の高配当利回り」だけに着目して、投資するのではなく、業績を踏まえながら、判断しておきたいですね。

私は、今期は減配リスクはあるものの、配当は維持されると考えています。

これまでの利益の蓄積により、企業体力はアップしています。

にもかかわらず、株価の下落によりPBRはこの5年で最低を更新しています。

6301 コマツ PBR推移

6301 コマツ PBR推移 マネックス証券より

非常に割安ですし、魅力的な投資水準です。

6301 コマツ 配当利回り マネックス証券より

6301 コマツ 配当利回り マネックス証券より

たとえ、減配したとしても、将来の成長を考えれば、投資妙味はあると考えています。

コマツが倒産するリスクは低いと考えますし、今後も世界の建機メーカーとして活躍し続けるでしょう。

PBR0.79倍は、魅力的ですね(PERは、減益(EPS)が大きくなると変動するので、今はあまり参考にしていません。ちなみに、PER7.9倍。)。

スポンサーリンク

高配当株への投資での注意点

高配当株がゴロゴロしています。コロナショックの株価下落がそれだけ急激だということです。

  • 赤字を出すような企業
  • 配当性向が高すぎる企業

などは、問答無用で投資先から省いていいと考えます。

青山商事は配当利回り11%超えですが、赤字転落予想です。

FPG(7148)は、配当利回り12%超えと魅力的ですが、オペレーションリース(主に航空機)が主力であり、航空会社の業績悪化なども懸念され、同社の株は暴落を続けています。

投資環境としては、かなりリスクが高いことの現れだと思います。

3月権利日が近づいていますが、投資先の選別はいつも以上に厳しくしておきたいですね。

マネックス証券は、便利なツールを使えるので、重宝する証券口座です。

分析ツールとしても、持っておきたい口座と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント