配当利回りの高い株と増配率の高い株のどちらに投資すべきか。

高配当株,増配率 配当金投資
スポンサーリンク

答えのないものですが、配当利回りの高い株と増配率の高い株とどちらに投資すべきでしょうか。

配当利回りが高いけど、増配率の低い銘柄(例えば、AT&Tであれば配当利回りは6%と高いですが、増配率は2%程度しかありません)と、配当利回りは低いけど増配率の高い銘柄

投資する際には、とっても悩みますね。

自分なりの答えです。

スポンサーリンク

配当利回りが高い銘柄か?増配率が高い銘柄か?

こういう無駄な試算は大好きです。


○配当利回り3.8% 増配率10%

○配当利回り1.5% 増配率20%

○配当利回り1.5% 増配率25%


上記条件のもと、試算してみると、こんな感じでした。

高配当株と増配率の高い株

投資初期の頃は、当然ながら、配当利回りの高い株のほうが受け取る配当金は多くなります。

ただし、増配率が25%と高い銘柄であれば、例え投資初期の利回りが1.5%と低くても、8年目で逆転します。

もう少し、増配率20%に設定すると、12年目に受け取る配当金は逆転します。

長期で保有するのが前提であれば、『増配率の高い銘柄への投資』がいいように思います。

ちなみに、「配当利回り3.8% 増配率10%」は、NTTドコモがちょうど同じくらいです。

あわせて読みたい

 

配当利回りの高い株のほうがいい

ただそれでも、私は、配当利回りの高い株への投資にこだわっています。

現在、我が家の保有銘柄の配当利回りは、3.8%ほどあります(税引き後は3.06%程度)/2018年6月末時点。実質はNISA口座や損益通算もあるので、税金負担はもう少し小さくなります。

S&P500の配当利回りが1.8%程度なので、2倍くらいの配当利回りですね。

受け取るキャッシュ(配当金)は、前に来るほうが投資効率がいいです。

100万円で投資して、配当金を受け取り10年後に100万円で売却した場合、もっとも内部収益率(IRR)が高いのは配当利回りが高い株でした。

今ある現金と10年後の現金では、今の現金のほうが価値が高いからですね。

そして、受け取るキャッシュが大きいほど、投資原資が増えますので、さらに保有株数を増やすことができます。

我が家のように投資規模や資金が小さいときには、なるべく受け取る配当金が多く、それが時期も早い方がいいと思っています。

そういう意味でも、ETFではなく個別銘柄への投資にしています。

年齢を重ねれば、ETFへ移行した方がいいと思っていますが。

増配率の高い銘柄がいいと思う部分も

もう一つは、増配率の高い銘柄はその高い増配率を維持し続けることができるのか?

ということです。

これは誰にも分かりません。

高収益株のアルトリアグループ(MO)増配率は8%で推移しています。

MO 増配率 2018

 

これだけでもすごいんですが、20%、30%の増配を続ける銘柄がどれほどあるか、ですね。

25年以上増配している会社では、2企業だけでした(平成30年6月11日時点)

企業名ティッカー業種連続増配年配当利回り過去10年の
Helmerich & Payne Inc.HPOil&Gas454.4131.6
Stryker Corp.SYKMedical Devices251.0622.7

配当利回りが低くて増配率の高い銘柄は、配当利回りが高い銘柄より株価上昇の可能性が高いです。

このため、売却益も含めれば、最終的な手残りは利回りは低くても、増配率の高い銘柄に絞ったほうがいいのかもしれません。

しかし、欲しいのはキャッシュフローなので、増配し続ける銘柄が欲しいです。

計算できる利益を増やしたい

キャピタルゲイン(売却益)は、計算できません。

そのため、我が家はインカムゲイン(配当金)狙いにシフトして投資しています。

確実に得られる利益を増やし、投資資金を増やすことで、資産効率を高めていきたいと考えて居ます。

インカムゲインは、市場変動の影響を受けにくく、かつ、常にプラスの収益を得ることができます。

年金を運用するGPIFもインカムゲインを重視していますし、収益の半分はインカムゲインによるものです(配当金だけでなく、債券もあるので利子収入もあります)。

市場のクジラ・年金を運用するGPIFのポートフォリオ。インカムゲイン重視が参考に
約160兆円の我が国の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で2017年度末、国内株の運用比率が初めて25%の目安を超えています。 GPIFは、その運用資産額が巨額なので「市場のクジラ」とも言われますが、どういう株を
スポンサーリンク

これからも高配当・増配銘柄に投資する

いま配当利回りが低くても、増配率が高ければ、それを維持することで高配当株を上回る配当金が得られる可能性はあります。

ただ、それは現時点では分かりません。

それに、早くキャッシュを受け取るほうが投資効率はいいので、個別銘柄への投資は、「高配当株・増配銘柄」への投資を中心としたい。

徐々にですが、配当金収入が増えていますが、精神的にも安定しますね。経済的な安定は精神的にもいいのです。

キャッシュフローづくりは、これからの私たちにとって大事なことだとつくづく思います。

以上、高配当株と増配率の高い株、どちらに投資すべきか?でした。

あなたはどちらを選びますか。

ではでは。

保有株関連記事

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
NTTドコモ3.8%程度5年
KDDI3.3%程度17年
日本たばこ産業(JT)5.0%程度15年
日本郵政4.1%程度
スタートトゥディ1.0%程度10年
日本郵政3.5%程度
ゆうちょ銀行3.5%程度
オリックス3.6%程度9年
アルトリアグループ(MO)4.5%程度49年
ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)4.5%程度18年
T(AT&T)6.5%程度34年

投資候補関連記事

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
ブリヂストン3.9%程度9年
ゴールドウィン1.0%程度9年
東京海上ホールディングス3.3%程度7年
JR各社の比較1.0%~
沖縄セルラー3.0%程度18年
NTT(日本電信電話)3.3%程度8年

NISA枠の使い道を思案。10年以上増配&10%以上増配の高収益・米国株をピックアップ

米国株(アメリカ株)で25年以上増配の配当貴族(利回り3%以上)【投資候補5銘柄】

配当金投資
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント