月30万円の副収入作りの目的。インカム強化で時間を作れれば最高

時間 副収入 インカムゲインpexels-photo-908298 お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

月30万円の副収入。

これが持続できれば最高です。

もう、かなり最高。

今の生活費は約30万円。

つまり、給料収入があれば30万円投資にぶっ込めます。

毎月30万円、年間360万円、10年で3,600万円投資すれば、年間200万円(=月16.7万円)の不労収入も可能

もうセミリタイアできる数字。社会保険とか加味すると少し不安な数字だけど。

副収入30万円を稼ぎ続けるにはどうすればいいのか。

スポンサーリンク

副収入を作り、続けることは人生の選択肢を増やす

副業解禁と言われて久しいですが、副業のなかでもコンビニでバイトするとか時間を切り売りする副収入ではまるで意味がありません。

本業のあとにさらに自分の時間を切り売りしても、しんどいだけ。

もちろん、収入には直結しますが、最悪、一番大事な健康を害しかねない。

それよりも、時間を切り売りしなくてもいい副収入が重要ですね。

ある程度、時間をかけることなく、収入を得る方法として、

  • 配当金収入
  • 不動産収入
  • 太陽光発電収入

などが挙げられます。

それぞれメリット、デメリットがありますが、重要なのは自分が興味を持って続けられるかどうか、の一言に限ります。

続けないと収入にはつながっていかないし、不労収入と言ってもメンテナンスは定期的に必要ですからね。

ブログ収入を得ていますが、アドセンスがメインなので、アクセスだだ下がりの最近は連動して下がり続けています。この不安定さは精神的によろしくないですね。

その点、配当金収入は、一度買えば、あとは定期的に配当金を入金してくれるので楽なものです。

まとまった金額を得るまでに多額の元本が必要ですが、気にせず積立投資。

不動産収入は、購入するまでが株よりもハードルが高いですね。

自分ひとりで買えるものではなく、買うまでにいろいろと時間を割かないといけません。

また、メンテナンスは株式よりも大変ですが、他人資本を利用できる点で、資本のない会社員でも、株式より大きなキャッシュフローを実現できるのが魅力です。

なかなか実現に至っていません。

【配当金履歴】2018年9月の受取配当金 約17万円。不動産投資の初めての出来事
人生100年時代と言われるなか、将来のキャッシュフロー(現金収入)を増やすことは、最重要事項だと考えています。 そのため、将来の不労所得を積み上げるため、配当金収入と不動産収入の2本柱を作るため、取り組んでいます。 力を入れていきたいの
会社員としてがたまに息苦しい。40代はセミリタイアも意識した準備をしたい
会社で働いていると、たまに息苦しく感じることがあります。 そんなときないですか。ないですか。それはとてもいい職場です。 ”会社で働いている”ときもありますが、通勤時間などでもあります。 こう精神的にしんどいとかではなくて、 もっと自

副収入を大きく育てたい思い

会社からの給料は安定していますが、それだけでは自由な生活はかなり難しいです。

安定した給料収入があるからこその生活ですが、旅行にも気軽に行きたいし、好きなものも食べたい。

子どもとの時間も作りたい。

そう思ったときには、給料をもらうだけではなかなか難しいと感じるようになってきました。

子どもを育てることができる喜びは何事にも代えがたく、自分の人生にも大きな影響を与えてくれました。

4年前に子どもが生まれなければ、私の心は腐りきっていたと思います。この子が私を闇から救ってくれました。

子どもを育てていくには、お金がかかります。

お金の話ではない話かもしれませんが、きちんと生活、教育費を用意することが責任だと思います。

残念ながら、今の収入では3人目は難しいですが、継続的な副収入があれば問題ありません。年齢的にはかなりきついですけどね・・・。

セミリタイアというのはあこがれますね。

できれば、2030年までに実現したいというのが今の目標です。

矛盾するようですが、2030年頃には子どもとの時間はかなり少なくなるでしょうね。もう高校生になるころですし・・・。今すぐセミリタイアしたいw

セミリタイアに必要な投資金額は?キャッシュフロー試算で厳しい現実
会社員プラスαで副収入を持っていれば、金銭的にはかなり余裕がでてきます。 しかし、会社員は原則週に5日、通勤時間を含めれば毎日10時間前後を拘束されることになります。 24時間のうち、10時間使えば残りは14時間しかありません。睡眠など
スポンサーリンク

副収入を続けるための目標

自分の時間を作り、自分の人生を生きていく。

複(副)収入を作っていくことに拘っているのは、

  • 通勤時間の短縮
  • 労働時間の短縮
  • 自由時間の創出
  • 好きなことをするための経済的基盤

そのためには、給料以外のキャッシュフローとなる副収入が不可欠です。

資産が増える値上がり益も大切ですが、毎月安定したキャッシュフローを生むインカムゲインを重視するようになっています。

キャピタルゲインよりインカムゲインのほうが簡単に生き残れる
4903世帯の大家の本を読みました。 キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうが簡単に生き残れる 私も株式投資においては、キャピタルゲイン狙いでした。うまくいく場合もあれば、失敗する場合もあります。 何より続きません。利益が

安定した副収入は、時間を、自由を作ってくれます。

生活残業なんて言うのはもう無縁となります。

月30万円の副収入を目標に、その先には60万円と伸ばし続けていきたい。

数字を具体化することで、自分のやるべき行動をブレないようにしておきたい。

現在は、配当金収入で税引き後80万円ほど(来年見込み)。

月6万円ほどでまだまだ小さいですが、安定したインカムゲインがあるというだけで精神的に随分と変わりました。

スポンサーリンク

セミリタイアの目的

副収入を作り、月30万円程度を安定して稼げるようになれば、妻の労働時間の短縮化も測れます。

月60万円程度に伸ばすことができれば、夫の労働時間の短縮化も測れます。

夫婦の労働時間がそれぞれ短縮することができれば、相応の時間創出ができるので、人生より楽しくなると思うんですよね。

時間を作るというのが目的ですね。

働くのは好きなので働き続けますが。。

人生100年時代とも言われますが、70代で亡くなるとすれば残り30年くらいしかない。

拘束時間を減らし、自由な時間を作っていくために、今から副収入作りを励んでいきたいもの。

インカムゲインが大きくなれば、最善だと思う今日この頃。

目の前のことをコツコツ続けて、育てていきたい。

ではでは。

年100万円の配当金を実現した高配当株への投資方針。保有銘柄と投資したい銘柄まとめ
将来の収入の不安定さを考えると、資産運用は不可欠だと思っています。 投資信託による積立投資は、資産を拡大させるのに向いています。 配当金狙いの投資は、資産拡大というよりも毎年のインカムゲインが大きくなるというメリットがあります。 どち
配当金で投資元本を回収するにはどのくらいかかる?高配当・連続増配は強い
将来のキャッシュフロー(現金収入)を作っていくためには、配当金収入や家賃収入など現金収入を生む資産への投資が有効ですね。 ある程度の投資元本は必要ですが、参入しやすく、また、再現性の高い投資手法が「配当金収入」です。 我が家も遅ればせな
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント