配当金で投資元本を回収するにはどのくらいかかる?高配当・連続増配は強い

配当金,回収,高配当 配当金投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

将来のキャッシュフロー(現金収入)を作っていくためには、配当金収入や家賃収入など現金収入を生む資産への投資が有効ですね。

ある程度の投資元本は必要ですが、参入しやすく、また、再現性の高い投資手法が「配当金収入」です。

我が家も遅ればせながら、その有効性が重要だと感じ、株式投資は基本的に「高配当株・連続増配株」への投資を実践しています。

2019年には、税引き後年間750,000円の配当金収入を予定しており、5年後には配当金だけで住宅ローンの返済が可能な水準となります。

コツコツ続けることがとても重要ですね。

ところで、税引き後の配当金収入のみで、投資元本を回収するのはどのくらいかかるのでしょうか。

日本たばこ産業(JT)、NTTドコモ、アルトリアグループ(MO)、ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)の4つのサンプルで試算してみました。

スポンサーリンク

配当金で投資元本を回収するのは15年~25年

まずは、結論から見ておきましょう。

現在の増配率が維持されるという前提ですが、次のようになりました。

 回収期間配当利回り増配率
日本たばこ産業(JT)16年4.84%7.0%
NTTドコモ16年3.93%10.0%
アルトリアグループ(MO)16年4.83%8.0%
ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)25年2.74%6.0%

増配力より、いまの利回りが高いほうが回収期間は短いです。

高配当利回り=株価が割安というわけですが、将来の株価上昇が期待されていないとも取れます。

もちろん、将来の増配率の変動により、投資元本を回収する期間に大きく影響します。増配率が小さくなればなるほど、元本回収期間は伸びることになります。

今回は、配当金によって投資元本を回収できるのに何年かかるかという点で見ています。投資する際には、配当利回りのほか、PERなど割安な指標も確認しておく必要がありますね。

なお、試算にあたり売買手数料は加味していません。

それでは、個別に見ていきましょう。

日本たばこ産業(JT)

配当金による投資元本回収に要する期間 16年

トップバッターは、日本たばこ産業(JT)です。

今年の2月あたりから急落して、配当利回りが5%前後と高くなっています。

たばこ産業は、プレイヤーが限られており、新規参入者がいないので、安定して稼げる事業モデルです。

とはいえ、国内の喫煙者は減少していますので、国内の業績は悪化しています。海外での業績は好調ですが、まだ成長余地はあると考えられます。

我が家もたばこ銘柄への投資がかなりのシェアを占めています。

配当金 元本回収 JT 日本たばこ産業(JT)

JT株に100株310,000円を投資した際のグラフです。

12月決算のJTから配当金をもらおうとすると、配当金支払いは3ヶ月ずれますので、厳密には違いますが、そこはご容赦ください。

2018年は、100株15,000円の税引き前配当金を予定しています。

税引後は、20.315%の税金がかかるので、受取配当金は11,953円。

投資金額310,000円に対する割合は、3.9%です。

将来の増配率は分かりませんが、現在の増配率7%が維持されると仮定した場合、16年後には累積受取配当金が325,752円となり、投資金額310,000円をこえることになります。

株価の下落という資産毀損を考えなければ、保有期間16年以降は常にプラスと考えられますね。

16年も保有するというのができるかどうかですね。同社の増配年数は15年なので、倍の増配を繰り返す必要があります。

増配できる企業は、業績が上昇し、株価も上昇していくものなので、増配を繰り返すことを期待したいものです。

【JT・日本たばこ産業】配当利回り・配当金推移、配当金支払日。M&A戦略とその履歴
日本たばこ産業(JT、2914)の配当利回りは、6.0%程度(株価2,564円で計算)に上昇しています。(最新の配当利回り)。株価の暴落と増配によるものです。積極的に投資する方針だったので、迷わず買いを入れました。しばらくホール

NTTドコモ

配当金による投資元本回収に要する期間 16年

国内最大の通信株です。

通信株も基本的に新規参入者がないか、乏しく、安定したキャッシュを稼いでくれる事業モデルです。

初期投資28万円で100株を購入した場合、かつ、増配率10%での試算です。

配当金 元本回収 NTTドコモ

ドコモは過去減配が1度もない優良企業ですが、増配年数は5年と短くなっています。

ドコモもJTと同じように、16年目に投資回収率が100%を超え、受取配当金のみで投資元本を回収することができます。

28万円の投資で配当金は1株110円、配当利回りは3.93%にもなります。

配当利回りが高く、かつ、増配を繰り返してくれることで、投資回収率が早まりますね。

NTTドコモは今後も安定して配当金を出してくれると思っています。

ライバル会社のKDDIはすでに17年連続の増配株です。配当余力を示す配当性向はKDDIのほうがありますが、配当利回りはドコモに軍配です。

我が家はどちらも保有しています。

KDDIの配当金・配当利回り・株主優待。2019年度は4.8%増配で18年連続増配へ
​年間のキャッシュフローを増やすために、配当金目的の投資をしています。何銘柄か株式を保有していますが、その一つに通信株であるKDDIを保有しています。auブランドを展開するKDDIは、安定した事業収入がありますね。株主還元にも積
NTTドコモの配当金・配当利回り。増配銘柄として継続保有(2019年度は9%増配へ)
「配当金」「連続増配」「高配当株」をキーワードに株式投資をしています。保有株のひとつに、NTTドコモ(9437)があります。NTTドコモは、国内シェア4割を誇り、最大の通信事業者です。ドコモを知らない方はいないですね。201

アルトリアグループ(MO)

配当金による投資元本回収に要する期間 16年

3つめは、アメリカ株に目を向けて見ましょう。

連続増配株は、アメリカ株のほうが超豊富です。

また、株主還元の考えが、日本企業のように「余裕があったら還元するね」という方針ではなく、重要な経営課題として位置づけられています。

連続増配株は、簡単には減配しないので、それだけ安心して保有できます。

49年連続で増配しているアルトリアグループです。フィリップモリスから分社し、事業は米国内のみで行っています。

米国株の指標を見るには、Nasdaqが便利です。

配当金 元本回収 アルトリアグループ MO2

配当利回り4.83%、増配率8%でシミュレーションした場合は、JT株やドコモと同様に16年で回収できます。

過去10年の増配率は11.3%、過去1年の増配率は8.0%となっています。

なお、外国税額控除は加味せず、税率28.283%で試算していますので、日本株よりやや不利な税率です。現地課税10%されたあとに、日本の譲渡所得税がかかるためです。

※ ×0.9(米国現地課税)×0.79685(日本の課税)

その不利な税率であっても、高配当株、増配を繰り返す企業であれば、16年で回収できます。

配当利回り6%超のアルトリア・グループ(MO)に追加投資。49年連続増配の高配当株
配当を毎年のように増やしてくれる会社に投資をしています。 そのなかでも、アルトリア・グループ(MO)米国株への投資をしています。 アルトリア・グループ(MO)は、たばこメーカーです。マルボロで有名ですね。フィリップモリスの米国事業のみを

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)

配当金による投資元本回収に要する期間 25年

ジョンソンエンドジョンションは、配当王の中の配当王です。

なんと56年連続で増配をしています。我が家もポートフォリオに組み込んでいます。

増配率6%、直近の配当利回り2.74%で試算した場合です。

過去10年の増配率は7.4%、過去1年の増配率は5.4%です。

グラフは、上記3銘柄と同じ16年で区切っています。

配当金 元本回収 ジョンソンエンドジョンソン JNJ2

配当利回りが3%弱と決して悪くはない数字ですが、16年時点では配当回収率が50%となっています。

投資金額を回収するまでには、25年を要します。

50年以上も増配している企業なので、増配が途切れる心配はほぼないでしょうが、株価も高く配当利回りが上記3銘柄よりも低いため、投資元本の回収に時間を要していますね。

スポンサーリンク

高配当株・連続増配株に投資を続けよう

連続増配株は、私たちのポケットに定期的にお金を振り込んでくれ、かつ、毎年、その振り込んでくれるお金を増やしてくれます。

増配年数が多いほど、減配可能性が低く、増配も期待できます。

投資元本の回収という側面から見た場合は、できるだけ株価が落ち込んでいるとき、つまりは配当利回りが上がっているときに投資することが大事ですね。

連続増配株だからいつ参入してもいいわけでは当然なく、やはり、株価が落ち込んだときを狙っていくことで、投資回収率をあげることになります。

我が家はまだ元本が小さいので、ポートフォリオのバランスは極めて悪く、たばこ株と通信株がかなりのウェートを占めています。

100%たばこ株だけで運用されている方もなかにはいますw

たばこ株や通信株のように参入障壁が高く、安定してキャッシュを稼げる事業を運営する企業への投資は今後も続けたいですね。

伝統的な事業を持つ企業への投資は、ポートフォリオに組み込んでおきたい。

余談ですが、株価の値上がりも欲しいのでハイテク株も少し持っています(Appleなど)。

以上、配当金で投資元本を回収するのにどのくらいかかるか?でした。

20年以上連続増配している銘柄が100株以上と多い米国株への投資は、SBI証券 住信SBIネット銀行の組み合わせで為替手数料を抑えることができます。

両方の口座を開いておきましょう。

為替手数料2銭に。住信SBIネット銀行でドルに替えてSBI証券にリアルタイム入金する方法
資産内容をアメリカ株にも振り向けようと取り組んでいます。米国株投資の5年計画。配当2.5倍をめざして筋肉質の家計を作るぞ。アメリカ株を購入しようと思うと、日本円→米ドルに替えて、アメリカ株を買う必要があるんです。この日本円→米ドルに

ではでは。

配当利回り3%の会社に投資続けるとどうなるか。やはり投資は連続増配を好む
定期的なインカムゲインである配当金を得るため、日本株7銘柄、米国株4銘柄、計11銘柄を保有しています。保有株の配当利回りは税引前4%程度となっています。 住居費相当額である年間約90万円を配当金で賄う取り組みをしています。 住居費は家計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当金投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント