高配当株

国内株(配当)

建機世界2位!高配当株「コマツ」の配当金・配当利回り・業績推移

建機世界2位の小松製作所(コマツ、6301)。 世界1位は米国キャタピラーですが、キャタピラーの時価総額は約8兆円あり、コマツは約2.5兆円と3倍の差があります。 コマツは建設機械の遠隔監視システム「コムトラックス」を業界に先駆けて導入
2019.02.15
国内株(配当)

配当利回り5%超のSUBARU(スバル)は要注意・高配当株。

3月決算企業が70%くらいを占めますので、配当金を増やすチャンスです。 3月権利確定日は、 となっています。 私は、配当利回りの高い企業への投資を中心に、コツコツと積み増してインカムゲインを増やし、経済的自由を手に入れることを目標
2019.02.08
資産運用

現金収入(不労所得)を増やすためには、高配当株か不動産投資か

将来のキャッシュフローを作るため、高配当株への投資をしています。 一方、キャッシュフローに着目した際に興味を持ったのが不動産投資です。 不動産は投資というより、不動産賃貸事業というほうがしっくりきますが、ここでは不動産投資としておきます
2019.01.23
配当金投資

投資額20万円以下で手に入る4%高配当株まとめ!配当金は安定した不労所得

お金がお金を生んでくれると言う経験を若いうちにしておくと、複利運用の力で大きな財産となります。 経験という財産と、お金という財産を築けます。 リターンを得るためには、リスクをとる必要がありますが、いきなり大きなリスクを取ると、致命的にな
2019.01.20
国内株(配当)

【1月決算・高配当株】積水ハウス(1928)の配当金推移・配当利回り。6年連続増配銘柄。

1月の権利確定日のなかで高配当株である「積水ハウス(1928)」。 高配当株を複数保有することで、配当金を受け取ることができるのが魅力的ですね。 積水ハウスは、地面師の件で内部のゴタゴタがあったのが気になるところです。 日本経済新聞「
2019.01.13
配当金投資

配当利回り5%以上の高配当株はなんと48社!投資してダメな企業は?

2018年末の急落で配当利回りが5%を超えるような企業がわんさかでました。 Yahoo!ファイナンスでスクーリングしてみると、なんと47社もありました。 キヤノンを含めると48社もあります。 ということで、わーい選びたい放題! なん
2019.01.05
配当金投資

年間50万円の配当金を得た投資の反省点。高配当株に投資して気をつければよかった3つのこと

12月25日は、12月決算企業の権利確定日でした。 12月25日時点で株を保有していれば、配当金を得る権利があります。翌日以降に売っても配当金はもらえますね。 2018年は高配当株への投資を重点化し、年50万円以上の配当金を受け取ること
2019.02.15
IPO

ソフトバンクの新規上場(IPO)は12月19日。申込はいつ?最大級の投資イベントに参戦してみよう

ソフトバンクグループ(SBG)の携帯子会社であるソフトバンク(SB)の新規上場(IPO)が話題です。 12月中旬に上場する見通しとなったとの報道(日経新聞 2018.11.10)が出ています。 【追記】12月19日の新規上場が決まりまし
2018.12.10
配当金投資

年200万円を高配当ディフェンシブ株に10年投資→年100万円の配当金を実現可能!

将来のことを考えて、自分の選択肢を増やすために経済的な自由に憧れています。 とにもかくにも、キャッシュフローをつくることが大事です。 ここ最近の投資はもっぱら高配当ディフェンシブ株への投資をしています。 ディフェンシブ株は、景気の変動
2018.12.30
配当金投資

ドコモ値下げ発表→株価暴落で買い増し!配当4%超のドコモ・KDDI【2018年度上半期決算】

NTTドコモが2019年に携帯料金の大幅値下げ(2割~4割)を発表しています。 菅官房長官の発言がきっかけだと思われますが、株主としては、配当金の原資が小さくなることにもつながるので、ちょっと不安です。 ドコモが下げると、KDDIやソフ
2018.11.10
国内株(配当)

買い増し候補高配当株。日本たばこ産業(JT)【2914】2018年度第3四半期決算

日本たばこ産業(JT)が2018年第3四半期決算を発表しています。 為替の影響もあり、今期最終利益を下方修正しています。 3770億円(減益率 3.9%減) 3700億円(減益率 5.7%減) とはいえ、為替の影響を除け
2019.01.13
配当金投資

12月決算の配当利回り3.5%以上の大型株。配当金を増やして家計力アップ

年末も近づいてきましたね。1年早いです。 さて、12月決算の株主権利確定日は、です。 この日までに、その企業の株を保有していると、3月頃に配当金がもらえますね。 高配当利回りの株を保有して、キャッシュを作り、再投資する流れを作れます。
配当金投資

高配当株への5つの投資原則。配当金を増やしていくのに適した業種は。

日経マネーに高配当利回りの投資原則がまとめられていました。 我が家も高配当株への投資を基本としているので、気になる特集です。 我が家は、2018年は年40万円程度、2019年は年80万円程度の配当金を予定しています。 いずれも税引後の
2018.10.23
配当金投資

高配当利回り4%~5%以上の連続増配株を持つとキャッシュが増える。

インカムゲインが重要だと思い、配当金投資や不動産投資に注力しています。 後者はまだ取り組めていないのですが、配当金は自分だけの行動で増やしていけます。 配当金収入は安定したインカムゲインですし、連続増配株であれば、基本的に右肩上がりで配
2019.02.03
受取配当金 記録

【配当金履歴】2018年8月の受取配当金。配当金アップに向けて新規投資

将来の不労所得を積み上げるため、配当金収入と不動産収入の2本柱を作るため、取り組んでいます。 人生100年時代と言われるなか、将来のキャッシュフロー(現金収入)を増やすことは、最重要事項だと考えています。 私のような投資初心者でも参入し
2019.02.16
配当金投資

老後に備える割安株・高配当のポートフォリオ。ダウの犬日本株版が参考に

購読している日経ヴェリタスで、割安株投資戦略が特集で組まれていました。 老後に備える、老後への資産形成には日本株での運用は必要不可欠です。 財務内容、収益力、ビジネスモデルとも過去30年の構造改革により、高く評価できる銘柄が増えているの
2018.07.28
配当金投資

配当利回りの高い株と増配率の高い株のどちらに投資すべきか。

答えのないものですが、配当利回りの高い株と増配率の高い株とどちらに投資すべきでしょうか。 配当利回りが高いけど、増配率の低い銘柄(例えば、AT&Tであれば配当利回りは6%と高いですが、増配率は2%程度しかありません)と、配当利回り
2019.01.02
配当金投資

高配当株より連続増配銘柄が魅力。配当金狙いの投資は再現性の高い投資手法

日本経済新聞(2018年7月4日)によると、2018年は日経平均が昨年末比4%安となっている一方、連続増配銘柄は2%安と日経平均を上回って推移していますね。 配当利回りの高い50銘柄で算出する「日経平均高配当株50指数」は昨年末比10%安
2018.07.13
教育費積み立て

子どもの学費の貯め方。学資保険より高配当株も使って貯める戦略

子どもの教育費は、親が悩める事項の一つではないでしょうか。 学資保険が王道とも言えますが、 利率が低いこと(税引き後0.3%程度) 資金拘束の期間が長いこと このデメリットを踏まえて、第2子の教育費は、学資保険は利用しな
2018.07.04
配当金投資

たばこ銘柄(連続増配・高配当株)に投資。JT、MO、BTIの配当金推移

たばこメーカーは、非常に収益性の高いビジネスモデルです。 また、参入障壁も高いですね。 我が家は現在、JT、アルトリアグループ(MO)、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)と3銘柄を保有しています。 配当金収入という不労所得を増や
2018.11.13