高配当株より連続増配銘柄が魅力。配当金狙いの投資は再現性の高い投資手法

スポンサーリンク
配当金 neonbrand-258972-unsplash
Photo by NeONBRAND on Unsplash

日本経済新聞(2018年7月4日)によると、2018年は日経平均が昨年末比4%安となっている一方、連続増配銘柄は2%安と日経平均を上回って推移していますね。

配当利回りの高い50銘柄で算出する「日経平均高配当株50指数」は昨年末比10%安となっています。

単純に高配当だからというのではなく、連続増配銘柄の人気が高くなっています。

GMO-PGは昨年末比38%の騰落率となっていますね。

カカクコムや小林製薬などの連続増配銘柄も30%近い上昇を見せています。

連続増配銘柄の魅力とは?改めて考えてみました。

スポンサーリンク

連続増配銘柄は毎年キャッシュが増える

配当シミュレーション2 配当金(税込)1

投資する際には、毎年配当を増やしている銘柄かどうかを指標の大きな一つにしています。

高配当株であっても、増配しない銘柄は、減配リスクもあるため、投資対象から外しています。

全上場企業のなかで、10期連続で増配を続けている銘柄は100銘柄あるそうです。

コード銘柄名連続増配年数配当利回り
4452花王291.44%
7466SPK212.55%
4732ユー・エス・エス212.36%
4967小林製薬200.92%
4668明光ネットワークジャパン203.86%
8593三菱UFJリース192.90%
8566リコーリース192.33%
8227しまむら182.40%
9058トランコム181.14%
2391プラネット172.03%
8113ユニ・チャーム170.82%
9433KDDI163.18%
9436沖縄セルラー電話162.86%
5947リンナイ160.96%
9989サンドラッグ161.46%
6869シスメックス160.63%
8439東京センチュリ-161.78%
8424芙蓉総合リース162.21%
4521科研製薬162.69%
7532ドンキホーテHD150.50%
2659サンエー150.89%
8425興銀リース152.75%
8876リログループ150.71%
2914日本たばこ産業(JT)155.02%
2449ブラップジャパン142.49%
7504高速142.22%
6370栗田工業141.77%
4527ロート製薬140.78%
9843ニトリHD140.58%
4544みらかHD134.28%
9787イオンディライト131.66%
7611ハイディ日高131.14%
3844コムチュア131.23%
8028ファミリーマート131.15%
2371カカクコム121.42%
9037ハマキョウレックス121.69%
7613シークス121.10%
3769GMOペイメントゲートウェイ120.36%
1973NECネッツエスアイ113.20%
2502アサヒグループHD111.71%
3097物語コーポレーション110.79%
2157コシダカHD110.60%
2461ファンコミュニケーションズ102.77%
1414ショーボンドHD101.57%
3038神戸物産101.40%
3092スタートトゥディ10(11年予定)1.03%
3349コスモス薬品100.46%
8591オリックス93.61%
7148FPG93.60%
5108ブリヂストン93.50%
4765モーニングスター92.66%
配当利回りは2018年7月13日現在(一部未更新)
(増配銘柄は、2018年四季報春夏号より)

日産自動車など5%を超える配当利回りですが、株価は年初来安値水準で推移しており、不人気です。

自動車メーカーは、景気動向にかなり左右されるので、減配リスクがあると思っています。

自動車関連でも、タイヤ製造のトップメーカーであるブリヂストンのほうが投資妙味があると思っています。

給料以外の収入源を作っていくため、キャッシュフローを作ることができる高配当株への投資を基本としています。 なかでも、毎年、配当金を増やす増配銘柄の保有を増やしていっています。 ...

単に高配当株より、毎年増配する銘柄のほうが配当金が減るという不安が小さいので、安心して持つことができます。

一度保有し、持ち続ければ、勝手に配当金が増えてくれますしね。

増配銘柄は、米国株のほうが豊富で安心感もあります。我が家は、日本円での配当金収入も重視しているので、米国株に加えて、日本銘柄も一定保有しています。

日本円での配当金を重視する理由

○生活に使うには日本円であるため

○米ドル→日本円の際に為替リスク(為替差益がある場合は雑所得申告が必要、為替差損は資産毀損)

連続増配銘柄を調べる方法です。

株式投資の目的を配当金を得るためと位置づけ、取り組んでいます。 まだまだ取り組みを始めて2年ほどですが、精神的にもリターンも安定しているため、今後も永久に続ける方針です。 資金...

保有銘柄からの配当を見ると嬉しくなる

まだまだ投資額が小さいので、我が家の配当金は大きいものではありません。

しかし、それでも、配当金が徐々に増えている様を見るのは、励みになりますし、単純に嬉しいものです。

配当金履歴201806

配当金という不労所得を得ることで、家計収入をアップさせることができます。

家計収入が減ったときにも対応できるように、給料以外の収入源である配当金収入を作ることはかなり重視しています。

もっと昔からしておけばよかったと後悔の念もありますが、今からでも遅くないと思い、コツコツと積み立てることにしています。

保有している銘柄は、基本的に大型株ばかりなので、倒産リスクも小さく、安心して保有できるものばかりです。

保有株関連記事

通信株や生活必需品株は、景気に左右されにくい業種なので、不景気時も増配の期待が高いです。

不景気だから海外旅行を控えようかなと思う人はいても、ドコモのスマホを止めようかなと思う人は、少ないでしょう。

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
NTTドコモ3.8%程度5年
KDDI3.3%程度17年
日本たばこ産業(JT)5.0%程度15年
日本郵政4.1%程度
スタートトゥディ1.0%程度10年
アルトリアグループ(MO)4.5%程度49年
ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)4.5%程度18年
T(AT&T)6.0%程度34年

投資候補関連記事

ポートフォリオの観点から、通信や生活必需品銘柄以外も保有しておきたいと考えています。

日本銘柄で言えば、下記の3銘柄は増配銘柄としても着目しています。

オリックスは、株主優待もあることや投資額が小さくて済むことなどからも、魅力的です。

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
オリックス3.6%程度9年
ブリヂストン3.9%程度9年
ゴールドウィン1.0%程度9年
東京海上ホールディングス3.3%程度7年
JR各社の比較1.0%~

米国株については、いくつかピックアップしています。

あわせて読みたい

配当金再投資は、再現性が高い

高配当株、なかでも、連続して増配している銘柄への投資は、投資入金力の多寡の違いが出るとはいえ、再現性の高い投資手法だと思っています。

配当金という安定した利益、不動産で言えば家賃収入が得られる投資手法なので、まさに不労所得です。

米国株で言えば、次のようなブログも好んで読んでいます。

ブログ 米国株投資家コタの退屈な毎日

ブログ アメリカ部

配当金再投資をする投資方法は、積立投資と並んで、続けていきたい投資手法です。

特に、家計収入をアップさせたい場合は、配当金狙いの投資が有効ですね。

米国株への投資もできて、おすすめの証券会社は3社です。住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、SBI証券が最有力です。

証券会社マネックス証券楽天証券SBI証券
売買手数料約定代金×0.45%約定代金×0.45%約定代金×0.45%
売買手数料②5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル
30万円の場合11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)
取扱銘柄数約3,300約1,300約1,400
注文方法成行・指値・逆指値・ツイン指値成行・指値成行・指値
注文有効期限最大90日間当日中のみ最大15日米国営業日
発注可能時間24時間15時~翌日5時10時30分~19時
19時30分~翌5時
為替手数料(米ドル)25銭25銭25銭
住信SBIネット銀行利用で2銭
公式HP≫ マネックス証券≫ 楽天証券≫ SBI証券
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly