株式投資

株式投資

「7」のつく年は大暴落の年をまとめてみた。暴落に備えて待機資金の用意が市場に居座るコツ

「金融危機」は『7』のつく年に起きていますね。 1987年 ブラックマンデー 1997年 アジア通貨危機、日本の金融危機 2007年 サブプライム問題 2017年はいまのところ、大きな危機は起きていませんが、10年おき
米国株(配当)

サンリオ減配で改めて気づく増配企業の良さ。米国株には25年以上増配がズラリ

マネックス証券を利用して、アメリカ株への投資を始めています。 アメリカ株は日本株と違い、株式売買手数料が高いんですよね。このため、まとまったお金ができたとき(概ね50万円以上)に投資をたんたんとスタンス。 まとまったお金はそう簡単にはで
2018.05.14
配当金投資

野望は年間90万円の配当(住居費相当)。増配銘柄を増やし家計の余裕度を上げていく

配当を増額する企業への投資がこれほど大事だとは、知っていながらも、実践できていませんでした。 どこかで値上がり益を追い求める自分がいたからです。 株式投資において値上がり益を求めることも大事なことです。 それ以上にキャッシュを確実に届
2019.03.10
株式投資

いつかは持ってみたい株価10倍のテンバガー株。ニッチな銘柄もポートフォリオに。

普段は、投資信託の積み立てや配当重視の投資をしていますが、一部は将来ドーンと伸びることを期待した会社への投資をするため、銘柄を調べることがあります。 誰もが知っているような大企業へ投資するというよりは、あまり知られていないけど、キラリと光
株式投資

決算悪化で10%の大暴落。クックパッド株への投資は吉か凶か。

保有しているクックパッドが2017年期の中間決算を発表しました。 これまでの成長路線から鈍化するような、あまりよろしくない決算内容でしたね。そのこともあって、下がり続けている株価はさらにその下げを加速させました。 どういうところが悪いん
2019.02.13
米国株(配当)

米国株投資の5年計画。配当2.5倍をめざして筋肉質の家計を作るぞ。

残業規制の働き改革で、自分が思っていたより想像よりも早く給料収入が減り始めました。いままで残業代が多かったこともあって家計はそれなりに潤っていたのです。 会社は早く帰れ光線を浴びせてくれますので、さっさと帰ります。子どもの時間、睡眠時間が
2018.07.30
教育費積み立て

子どもの貯金を増やす手段。毎年、配当が増える企業にお金を預けるという考え。

毎月、貯金額の記録、いわゆる貯金簿をつけています。 家計簿は2種類つけていて、毎月の収支(フロー)と貯金額の推移(ストック)を把握するようにしています。 ≫≫ 実は家計簿って2種類作る必要があるって知っていました?お金の流れを知るメリッ
2017.12.27
オススメ書籍

営業キャッシュフローに着目した世界一わかりやすい米国式投資の技法

のんびりと資産を増やす選択肢にアメリカ株にスポットを充てています。 そんななか、「米国株式投資の技法」という本を読みました。最近米国株をテーマにしたブログも増えて、また、そのなかで紹介されていた書籍です。 いろんな財務諸表の本を読ん
2019.02.21
米国株(配当)

25年以上増配米国企業をピックアップ。現金を増やす選択肢を作っていこう!

投資環境が良くなるとついつい気持ちも財布も緩くなってしまいます。   「まだまだ上がるかもしれない」 「今のうちに乗り遅れないように投資しないと」   そんな気持ちが芽生えた時は、私の黄信号。   偉大なるアメリカの投資家、ウ
2018.08.23
米国株(配当)

バフェットの銘柄選択術から見るアメリカ株分析を一覧にまとめた結果(2017年4月版)

資産を増やしていくため、アメリカ株への投資に着手しています。 アメリカ株は優良株が多いので、気持ち的にはそのすべての企業に投資してみたいという欲求にかられますが、資金は限られています。 限られた資金の投資先を厳選していくため、何か指標が
2018.03.02