KDDIの株価が上昇中!高配当+株主優待のメリットを感じる銘柄

KDDI 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KDDI(9433)は、2019年3月期で17期連続で配当金を増やす連続増配銘柄です。

安定して配当金を出す銘柄を長く保有することで、家計の収入を増やすことができます。

我が家も、KDDI株を永久保有銘柄と位置づけ、毎年100株以上買い増ししていく方針です。現在800株保有(400株×2)しています。

KDDIから株主総会の案内(2019年6月19日)の案内が来ました。

残念ながら参加できませんが、KDDIの魅力をまとめておきます。

  • 国内携帯電話会社シェア2位。安定した業績。
  • 配当金を増やす連続増配銘柄(18期連続を予定)
  • 株主優待がある
  • 財務基盤が強固

KDDI株は保有メリットの高い銘柄だと言えます。

株価も好調で推移しています。

スポンサーリンク

安定配当株ではKDDIは最強銘柄のひとつ

KDDI 2019年3月期

株主総会に出席したことがないので、いつかは出てみたい。

KDDIの魅力は何といっても「配当金」です。

17期連続で増配です。株主議案は、配当金を払っていいですかというものですが、払ってくださいまし!

2019年3月期は1株100円を予定していましたが、1株105円に増額しています。

KDDI 2019年3月期 配当金

ありがたいことに、2020年3月期は5円増配を予定しており、18期連続増配を予定しています。

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

必ず達成してくれるものと信じ、淡々と買い増しをしていきます。

配当金をもらうことで、保有のモチベーションはグンと上がります。

安定した通信事業を武器に、非通信分野も育成中

KDDI 2019年3月期 業績

2019年3月期は、営業利益1兆円を達成しています。

au経済圏流通総額は2.5兆円と3年前と比較して、3倍以上に膨れ上がっています。

私は利用したことがないですが、Wowma!ふるさと納税なども魅力が上がっているようですね。

通信分野以外では、ECサイト「Wowma!」が好調で、利用すつと通信料金の割引サービスを始めています。

利用金額の1%ですが、こうした割引サービスはうれしいですね。

KDDI 2019年3月期 業績ライフデザイン

「通信とライフデザインの融合」にむけて、金融分野や決済分野など着々と進んでいますね。

通信分野(パーソナル)と並んで、ライフデザイン事業は営業利益率19%と高くなっています。

百万円売上高営業利益営業利益率
2019年3月期5,080,3531,013,72919.95%
パーソナル3,911,229756,29819.34%
ライフデザイン573,974112,83219.66%
ビジネス796,863103,99213.05%
グローバル208,79034,36816.46%

KDDIはどの事業分野も高い利益率を誇っていますね。

こうした好調な業績があるからこそ、配当金を増やし続けてくれるわけです。

そして、株主資本である自己資本も着実に毎年増やしています。

KDDI 自己資本の推移

急激な株価の上昇こそありませんが、安心して長期保有できる銘柄です。

配当性向に余力がある

KDDIは、中期経営計画(2022年3月期)では、株主還元として配当性向40%強としています。

KDDI 2019年3月期決算説明資料10 新中期経営計画2020-2022

KDDI 2019年3月期決算説明資料10 新中期経営計画2020-2022

配当性向だけを見てみても、NTTドコモの約70%、ソフトバンクの85%と比較しても、安定配当+連続増配が期待できますね。

KDDI 配当性向増配率

新料金プランの影響を見ていく必要はありますが、それほどネガティブでないと思われ、株価も料金発表後は右肩上がりを続けています。

そして、KDDIは、「持続的な増配」を明言しています。

KDDIは、2002年度より17期連続の増配を実現しています。「配当性向40%超」と「利益成長に伴うEPS  成長」の相乗効果により、今後も、持続的な増配を目指します。

当然、業績が伴ってこその増配ですが、増配に対する姿勢は株主としてとても評価できる点ですね。

スポンサーリンク

KDDIは永久保有銘柄

KDDIへの我が家の投資方針としては、永久保有銘柄として考えています。

  • 通信分野が景気の影響を受けにくく安定している
  • PERが10倍と割安
  • 配当性向が40%程度と増配余地がある(配当性向40%超も明言)
  • 18期連続増配と株主還元の姿勢が魅力的
  • 株主優待がある
  • 優良子会社を保有(沖縄セルラー電話、ジュピターテレコム、ビッグローブ、UQコミュニケーションズ、エナリスなど)

KDDIの指標です。ソースは楽天証券

  • 株価 2804円
  • PER 10.9倍
  • PBR 1.57倍
  • 配当利回り 3.96%
  • ROE 15.5%

1000株保有すれば、株主優待の利回りも上がるので、1000株をめざして買い増しをしていきたいですね。

100株以上保有していると、3,000円相当(5年以上株式保有で5,000円相当に)。

1,000株以上だと、5,000円以上相当(5年以上株式保有で10,000円相当に)。

KDDIは、安定配当株として長期保有にうってつけの銘柄であると考えられますね。通信株のなかでも、魅力的な存在です。

コツコツと株数を増やして、配当金を増やしていきたい。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する方法があります。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

まずは、資料請求をしてその詳細を見てみましょう!

口座開設をされたら、手数料はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント