ふるぽ

ふるさと納税の基本

【ふるさと納税キャンペーンまとめ】生活コストを抑える必須の制度

ふるさと納税の魅力は、寄付した額のほとんどが寄附金控除で、実質的な負担がなく、自治体から返礼品をもらえることです。 返礼品は、お米やお肉、生活用品、旅行券、家電など様々あります。 返礼品をもらって、生活費の削減にも利用できますね。 年
2019.12.01
ふるさと納税 旅行

ふるぽのふるさと納税でJTB・JAL・るるぶ・ゴルフのクーポンが使いやすい

ふるさと納税の返礼品は、お肉やお米が有名ですが、旅行クーポンも手に入ります。 JTBが運営するふるさと納税サイト『』では、JTBやJAL、るるぶトラベルの旅行クーポンをもらうことができますね。 また、ゴルフ場予約クーポンや民泊に使えるク
2019.01.16
ポイント制・商品券

ふるさと納税のポイントを移行する方法&有効期限延長でポイント積立する方法

ふるさと納税は、自治体へ寄付することで税金控除が受けられ、返礼品が手に入る制度です。 年収などによって受けられる税金控除額は変わります。限度額内での寄付であれば、実質2,000円の負担で済みます。 ふるさと納税の返礼品は、お肉、お米、果
2018.12.14
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行券(クーポン)まとめ。30%還元率のギフトカードも

ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いて残りの金額が税金控除(所得税、住民税)してくれるお得な制度です。 ガシガシ使っていくことが節税にもなるので、サラリーマンでも手軽にできる節税方法と言えます。我が家も夫婦揃って、毎年ふるさと納
2019.03.08
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける!宿泊代が実質2,000円とお得すぎな返礼品

総務省が返礼品は寄付額の3割までという方針(2017)を打ち出してから、4月以降は還元率の高い返礼品が少なくなると思い、ふるさと納税をしてみました。 総務省の通達は法的には縛りはないようですが、従う自治体は増えるのじゃないかなと思います。
2019.10.12
ふるさと納税の基本

年末のふるさと納税の申込期限はいつまで?最強の節税方法を実践しよう!

ようやく年収が確定し、ふるさと納税をやってみようと思う方も多いと思います。 12月は自治体にとってふるさと納税をゲットできるかの正念場と言えそうですね。 そのふるさと納税。 いつまでにできるのか期限が気になりますね。 いつまでできる
2018.12.25
ポイント制・商品券

ふるさと納税「ポイント制」がおすすめな理由。駆け込み時に利用しよう。

ふるさと納税にポイント制度があるのをご存知ですか。 私も、ふるさと納税をするときに、ポイント制度がよくわかっていなかったので、実際に使ってみました。 ふるさと納税のポイント制度が便利!ふるぽを使ってみよう! ふるさと納税は、自治体への寄付制
2019.05.16
ふるさと納税

平凡な会社員が実際にできた節税方法「厳選6つ」。方法と金額公開。

年末調整の時期ですね。年末調整や確定申告は、会社員である私たちにとって税金を安くするチャンスとも言えますね。 税金って高いですよね。少しでも税金を安くする方法はないのか?ということで、実際にサラリーマンである私が、これまでやったことのある
2019.01.11
ふるさと納税 限度額

年収が確定していないのに、ふるさと納税をするのは不安。その対策は?

ふるさと納税は、お得だよ!人気だよ!って雑誌やニュースでもたびたび取り上げられますが、まだふるさと納税をしたことがないあなたにとって、 一番の不安は、本当に税金が控除されるのか?ですね。 とある「ふるさと納税のアンケート調査」では、ふる
2018.12.29
ふるさと納税の基本

めっちゃ便利!ふるさと納税「ポイント・カタログ制」の使い方

ふるさと納税で、ポイント制を導入する自治体が増えていますね。 今までふるさと納税は、寄付をする際に返戻品である「特産品」を選ぶことが普通でしたが、ポイント制が導入されたことで、ますます使い勝手がよくなっています。 ふるさと納税は2015
2018.12.14