ワンストップ特例

ふるさと納税 税金

【手続きが楽】確定申告をしなくてもふるさと納税の税控除を受ける簡単な方法

ふるさと納税は、自己負担2,000円でいろんな返礼品をもらうことができるのでお得です。 お米、お肉、カニ、果物、家電、旅行券など、自治体がいろんな返礼品を用意してくれていますね。 ふるさと納税のサイトも多いですね。 私は、やを使うことが多
2019.11.23
確定申告

確定申告・還付申告をするとふるさと納税「ワンストップ特例」は無効なので注意

会社員の場合、基本的に税金は払い過ぎの状態です。ただ、「年末調整」があるので、払い過ぎた税金が戻ってきますね。 年末調整のほかに、確定申告をすることによって払い過ぎた税金が戻ってくる場合があります。「還付申告」と言います。 確定申告
2019.11.09
ふるさと納税 食べる

ふるさと納税に良い時期はいつ?意外と1月から3月は狙い目の時期

ふるさと納税は収入が確定する年末に申し込みが増えますが、品切れ率も高い時期です。 年明けの1月から3月は、旬の返礼品が競争率も低く、手に入れやすいですね。 特に会社員であれば、おおよその年収は把握できますので、欲しい返礼品があったときに
2019.01.21
ふるさと納税 税金

急げ!ふるさと納税ワンストップ特例(確定申告不要)の期限は1月10日必着!

12月にふるさと納税を実施した人も多いと思いますが(私も駆け込みでしました~)、まだ終わっていませんよ~。 寄付しただけではなく、税金を安くしてもらう手続きが必要です! 基本的には、確定申告をすることになりますが、 給料や年金所得者で
2019.01.03
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でカメラがもらえる!キヤノン、ソニー、一眼レフも!

ふるさと納税の申し込みは、12月が突出して多いですが、それ以外の月は比較的申し込みが少ないので、返礼品を選ぶチャンスと言えます。 ただ、総務省の返礼品自粛の通知を受けて家電などはやめる自治体も相次いでいますので、早めに申し込むのが良さそう
2019.11.06
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でパソコンがもらえる自治体まとめ!年収700万円超の方は必見

ふるさと納税ってお得だよね!って社内で言いまくっていると、「どうやってするの?」「ホントにお得なの?」という声が出てきます。 ふるさと納税歴年の私ですが、なぜか社内ではベテラン扱いにされております。 『パソコンやテレビももらえるよ』って
2019.11.17
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の失敗事例を踏んじゃうとお得じゃないよ。賢く節税しよう。

ふるさと納税は、サラリーマンが手軽にできる節税対策です。 自分が住んでいる自治体も含めて、自分が好きなまち、応援したいまちに納税できる仕組みですね。 ふるさと納税という名称はついていますが、実際は自治体への寄付です。 それを、ふるさと
2018.11.24
ふるさと納税 限度額

年収が確定していないのに、ふるさと納税をするのは不安。その対策は?

ふるさと納税は、お得だよ!人気だよ!って雑誌やニュースでもたびたび取り上げられますが、まだふるさと納税をしたことがないあなたにとって、 一番の不安は、本当に税金が控除されるのか?ですね。 とある「ふるさと納税のアンケート調査」では、ふる
2018.12.29
ふるさと納税の基本

ふるさと納税したあとに住所変更があった場合はどうしたらいいの?

人気の高まっているふるさと納税。 ふるさと納税をすると、寄附金控除証明書という確定申告のときに税金を安くしてくれる証明書類をもらうことができるんです。 先日、勢いよく楽天市場を利用して、ふるさと納税を実行したら・・・ 住んでいる住
2019.01.11
ふるさと納税実施

ふるさと納税「山形県寒河江市 川中島白桃」が絶品!ふるさと納税のおさらい

年収がぼちぼち確定してくると、その年のふるさと納税できる上限額が分かってきますね。2年前からふるさと納税をはじめて、10ほどの自治体に寄付(ふるさと納税)をしてきました。 年収500万円くらいであれば、家族構成にもよりますが、67,000
2017.10.18