配当金

資産運用

30代から始める無理なく始める資産運用の2つの方法とは?

資産運用は失敗すればお金を失うリスクがあります。 一方、資産を増やすリターンもあるため、私は積極的に資産運用をしています。 色々と失敗を経験し、あーこうすればよかったかなと思う点は多々あります。 30代の収入、貯金、将来の年金収入など
配当金投資

金融資産3000万円あれば月10万円の不労所得が可能。増配銘柄を選べば早く到達

可処分所得の低下、年金額の頼りなさを考えると、収入源を作ることは大切です。 例えば、3000万円の金融資産を持っていると、税引後の利回りが4%あれば、年120万円、月10万円の不労所得が可能です。   金融資産3000万円あれば、年間配当
お金の考え方

サラリーマンにおける複数のキャッシュフロー(現金収入)を持つことの重要性

会社の同僚と話をしていたら、「キャッシュフローが大事だと思っている」と初めてというくらい投資話になりました。 私の周りでは投資をしている人は皆無ですし、投資話を少ししても、乗っかってくる人はいません。たぶん、それはしていないからだと思われま
2019.04.13
国内株(配当)

【4月決算】利回り5%以上の投資候補REIT。安定した分配金が魅力

毎月、安定した不労所得を得るため、配当金狙いの投資をしています。 不動産投資にもチャレンジしてみたいですが、なかなか参入できていない現状があるため、不動産投資法人であるREITへの投資を目標にしています。 決算月が分散されていることや分配金
2019.04.04
受取配当金 記録

【2019年3月配当金】初の月20万円超え!高配当JT株の威力!配当再投資で複利運用

配当金狙いの投資をしています。 2019年3月も配当金を受領しました。 毎月、配当金を受け取るため、銘柄の分散をしています。 3月の配当金を受け取った銘柄は次の2銘柄です。 日本たばこ産業(JT,2914) ロイヤルダッチシェル(RDS-
2019.04.17
配当金投資

株式投資の配当金で生活費を稼ぐという発想。配当重視が大切な理由

年前あたりから配当金を増やすことを投資のKPIにしています。 余剰資金は、基本的に配当金狙いの投資をしています。 我が家の第1目標は、年間90万円の住宅ローン相当額でしたが、2019年は保有株を手放さなければという前提ですが、達成見込み
株式投資

単元未満株でも配当金や株主優待はもらえるのか。配当再投資を体験するのに手軽な方法でもある

3月は決算が集中する月です。 上場企業の7割程度は3月決算であるため、「配当金」や「株主優待」を狙えるチャンスの月ですね。 1年に1度のお祭りとも言えます。 いくつも株を買いたいですが、資金的にも厳しいところもあります。 一方で
配当金投資

給料が上がらないなら増配株を買おう!配当金で生涯年収アップで家計の助けに

子育てが始まると教育費の積立を始め、お金がかかってきます。 また、年収は上がりにくい時代ですし、増税・社会保険料のアップで手取りは減る一方です。 若いうちからコツコツと投資を継続することで、この収入減に対抗することができます。 つぶや
2019.03.15
確定申告

配当金をもらったときの節税方法。住民税を申告不要にすれば最安の税率は5%に

確定申告の時期ですが、株式投資をしている場合、配当金を得ていることも多いと思います。 その際に、確定申告の方ほうによっては、税金負担を軽減することができます。節税ですね。 通常、特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば、特に確定申告をする
2019.02.20
国内株(配当)

NTT(日本電信電話)の配当利回り・配当性向・配当金推移。8年連続増配で今後も期待

子会社のNTTドコモ株を保有していますが、ふと親会社のNTT(日本電信電話)の配当金推移はどうなんだろうと思い、調べてみました。 驚きだったのが、NTTは配当性向が30%程度しかありません。 NTTドコモは40%を超えていますので、配当
2019.02.08
資産運用

もらえる年金額の推移を見て、月1万円でも配当金のような収入源が必須の資産防衛になっていく

年金受け取り開始が75歳まで伸ばせるように議論されています。 健康で長生きすることはいいことだと思いながら、どうしても気になるのがお金のことです。 特にアラフォー世代になってくると、20代、30代のときよりも、”遠いけど近い将来”になっ
2019.02.02
資産運用

インデックス投資と配当金投資の複利運用の違いとは?

資産運用でお金を増やしていくには、複利運用が大事です。 一番簡単なのは、インデックス投資に積立投資をし続けることで複利運用の効果を享受することができます。 私はインデックス投資もアクティブもしていますが、配当金狙いの投資もしています。
2019.01.18
国内株(配当)

花王の配当金・配当利回り・増配率推移。花王30期連続増配と日本の連続増配チャンピオン

配当金を目的とした投資をする場合、利回りも大事ですが、配当金の持続性です。 毎年、配当金を増やしてくれる「連続増配」銘柄は、配当金の持続を長年証明し続けてくれる企業です。 連続増配では、米国株が有利ですが、日本株でも魅力的な銘柄はありま
2019.02.04
配当金投資

日本株・米国株・REITでつくる毎月配当金を得るためのポートフォリオを考える

配当金は不労所得として最適ですので、それが毎月のように入ってくると、家計にも余裕が出てきますね。 配当金を再投資していけば複利効果でどんどん配当金が増えていきます。 この複利効果をあげるためにも、毎月配当金が入金されれば、投資資金が増え
2019.01.09
配当金投資

インカム投資は株価下落時にも強み!配当金を出し続けられるか最低限のチェックポイント

株式を保有すれば企業からの配当金を受け取ることができます。 企業が儲けたお金の一部を株主に還元してくれるので、株主としてはとても嬉しいものです。 配当金は不労所得であり、クレームを言われることもないので、心穏やかに株を持ち続けることがで
2018.12.21
ふるさと納税 限度額

ふるさと納税 不動産収入や副収入があるときの限度額はどれだけ上がるか?

ふるさと納税をするために、まずはじめにするのがどのくらいふるさと納税(自治体への寄付)をするのかを確認する「限度額(または上限額)」の確認が超重要です。 ふるさと納税は、寄付額から2000円を除いた残りの金額は税金が安くなる仕組みですが、
税金・保険

稼ぐほどに重税感!節税策は手軽な「ふるさと納税」+「配当金」「不動産」を持つのが必須

普段、会社員であれば源泉徴収されているので、税金のことを考えることはないかもしれません。 ただ、知っておかないと税金は私たちが自由に使えるお金を少なくするので、知っておくことに越したことはないですよね。 今年は所得税率が微妙なところで、
2018.12.07
国内株(配当)

【減配しない配当政策】三井住友フィナンシャルグループの配当金・配当利回り・配当性向

国内メガバンクの一角である三井住友フィナンシャルグループ。 参加に三井住友銀行、、プロミスなどを抱えます。 高配当株としても魅力で、以前保有していましたが、株価が2倍になったのでいったん利確。 配当利回りが4%を超えてきましたので、ポ
2019.01.13
配当金投資

本格的な下落相場に備え、インデックスに圧勝した高配当株ポートフォリオで準備

高配当株への投資を基本としていますが、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)やアルトリアグループ(MO)、JTの株価下落を受けて相当程度ポートフォリオは傷んでいます。 含み損は絶賛拡大中で200万円近くになってきました(泣) ただ、安
2018.12.02
配当金投資

年200万円を高配当ディフェンシブ株に10年投資→年100万円の配当金を実現可能!

将来のことを考えて、自分の選択肢を増やすために経済的な自由に憧れています。 とにもかくにも、キャッシュフローをつくることが大事です。 ここ最近の投資はもっぱら高配当ディフェンシブ株への投資をしています。 ディフェンシブ株は、景気の変動
2018.12.30