2017-12

ふるさと納税の基本

ふるさと納税をするときの注意点と駆け込みにおすすめ3つの返礼品

ふるさと納税は本日が最終日です。 自治体によっては、23:59分まで受け付けしている自治体もあれば、15:00までとしている自治体もあるので、必ず期限を確認しておきましょう。 自治体HPを見に行くのが簡単ですが、手間もかかります。 ふ
2018.01.01
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信は1,000円から積立投資可。また、月によって金額変更もできて便利

2017年11月は資金純流入で第2位になるなど(モーニングスター調べ)、が好調です。 ひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークスは、この1年で2,700億円もの資金が流入しています(2017年11月末現在純資産4,970億円)。 ひ
2018.06.17
ふるさと納税 限度額

ふるさと納税の限度額の目安とは?住宅ローン控除を受けている人は注意

ふるさと納税は12月31日までに実行すれば、来年きちんと税金が控除されます。 昨年、実験的に12月31日にふるさと納税をしてみたのですが、全く問題ありませんでした。って当たり前ですね。自治体が12月31日まで申込受付しますと言っていますか
2018.10.13
スポンサーリンク
blog

2017年ブログ振り返り。ブログで結果を出すために影響を受けた本とか

2017年もあっという間に終わりですね。 1年経つのは早いです。 今日は、雑記です。ブログ運営について全然読まれないんだけど、気にせずアップしちゃいます。書いちゃったので。 2017年ブログ運営で気を付けたこと、今年に限らずブログを書
2018.01.07
NISA

ジュニアNISAを申し込み。非課税の恩恵を活かしていくことで資産を増やせるか。

株式投資は有効な資産形成の方法ですが、売却益や配当に20%の税金がかかりますね。 一定金額までの投資に対して、その税金を非課税にしましょうというのが、NISA(ニーサ)です。我が家も途中から積極的に利用する方針に切り替え、利用しています。
2018.08.15
ポイント制・商品券

コメダ珈琲・いきなりステーキ・H.I.Sギフトなどふるさと納税返礼品で迷ったときはポイント制が便利

年収が決まれば、ふるさと納税の限度額(上限額)を確認しやすいですね。 ふるさと納税は寄付額のうち、2,000円を除いた残りの金額の税金が控除されます。実質2,000円でいろんな返礼品を楽しめるわけです。 控除上限額シミュレーションを利用
2018.09.30
オススメ書籍

残業を減らし、子どもの読み聞かせ時間を作るために影響を受けた本2冊をご紹介。

今日は雑記です。 昨日は、クリスマスプレゼント企画にたくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。ご応募いただいた全員がコメントしていただき、こんなにうれしいことはありません。すべて目を通させていただきました。 暖かい言葉をたく
2018.08.28
家計簿

家計の収入が支出を上回らないための秘策。やはり「先取り貯金」の継続が大事

1年が終わると、家計の収支決算をしておきましょう。 自分たちがどのくらいの収入があって、どのくらいお金を使っているのか。 1円単位で把握する必要はありませんので、大まかに把握しておくことは将来有益です。 収入の分類は多くありませんが、
仮想通貨

ビットコインなど仮想通貨、軒並み急落で感じたこと。大暴落はやはり恐い。

ビットコイン、アルトコイン軒並み暴落しましたね。すごい下げです。 売りが売りを呼ぶとはこういうこと。どこまで落ちるんだろう?と、なんだか冷静な自分もいれば、ちょっとビビる自分もいました。 これが大きな金額を投じていれば、もっと違った心境
2018.01.27
ふるさと納税 家電

ふるさと納税で家電がもらえる自治体一覧(まとめ)。実質2,000円は魅力すぎる

ふるさと納税は、自治体に寄付をすることで、お肉、お米、果物などがもらえて税金が控除させるお得な制度です。 そのなかでも、食べものだけでなく、いろんな返礼品があります。 ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いた残りの金額が税金控除
2018.10.13
確定拠出年金(iDeCo)

年金を増やすiDeCoでスイッチング(商品入れ替え)。楽天・バンガードが良さそう。

将来の年金資産の増加と現役世代の減税を見込んで、個人型確定拠出年金であるiDeCo(イデコ)に加入しています。 証券会社の口座管理手数料が無料の楽天証券を利用していますが、楽天証券ではインデックスファンドでの全米市場に連動するファンドと全
2018.08.13
住信SBIネット銀行

住宅ローン変動金利は0.4%台で借りられる。借り時が低いと金利上昇も耐えられる?

空前の低金利で、住宅ローンの金利も下がっていますね。 人気の高い変動金利の場合、今では0.4%台を提示する銀行も出ています。 私が借りた3年ほど前では、0.7%台とそれでも十分低かったですが、さらに下がっていますね。羨ましい限りです。
2018.05.21
配当金投資

120万円まで非課税のNISA。投資先はどこにする?基本は株主優待、配当金狙いが無難

株式投資の売却益などが非課税となるNISAの枠が余っています。 年間120万円ですが、使い切るほうがやはりいいのですが、中途半端に20万円ほど余っています。 今年は小売株に興味を持って投資したいと年初に言っていました。 そこから、メイ
2018.01.10
仮想通貨

仮想通貨との付き合い方。資産形成の手段だけど、私は程よい距離感で行く

仮想通貨バブルといえるくらい、値上がっていますね。 それほど詳しくはありませんが、仮想通貨を少しずつ増やしています。 値動きが半端ないので、一度に投下する勇気はありません。一度に投下していたほうが儲かっていましたが、それは結果論だと言い
2018.01.27
税金ネタ

年収850万円以上は2020年から増税。高年収者は節税策をしていこう

年収850万円を超える方は、増税になります。 給与所得控除の上限額に達する年収は平成27年(1,500万円)→平成28年(1,200万円)→平成29年(1,000万円)と年々下げてきていたわけですが、850万円まで下げることになりました。
2018.07.14
ふるさと納税の基本

年収800万円超だと12万円以上のふるさと納税(寄付)ができて返礼品も充実

今年も残りわずか。ボーナスも支給され、今年の年収は大方決まっているのではないでしょうか。 私の年収は昨年よりも10%も削減してしまいました。子育て中でお金もかかるので痛いですが、給料が下がったのではなく、残業しなかったからです。 残業代
2018.10.12
スマホ・格安スマホ

2年ごとに機種変更する人はキャリアのほうがいい?格安スマホとの葛藤

使っていたauが2年経過したので、格安スマホのなかでも使いやすく人気の高いに乗り換えました。 大盤振る舞いキャンペーン(もあって、6GBで1,000円台(2年目以降は2,000円台)と、毎月5,000円以上の節約になったのでかなり大きいで
2018.06.14
統計関連

金融資産3,000万円以上ってこんなにいるの?収入増加と支出管理が資産形成のキモ

どのくらいの金融資産を保有している世帯が多いのだろう? 2人以上世帯に対して、金融広報中央委員会が実施している「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果」が出ています。 2人以上世帯の金融資産保有金額は、1
2018.07.31
確定拠出年金(iDeCo)

増やす「年金術」のiDeCo。運用ファンドはインデックスかアクティブがいいのか。

老後資金を考えるのは早い年代ですが、「時間」を味方につけることによって、お金を生んでくれます。 自営業の方であれば「収入不安定、退職金なし、年金はすずめの涙」とも言われます。 ずっと自営業の場合は、老後資金となる年金は国民年金のみで
2017.12.21
ボーナス

2017年冬のボーナスが支給。ボーナスは将来の資産を増やすタネ銭とすべし。

2017年の冬のボーナスが支給されました。 年2回のありがたい日です。 ボーナスってみんなどのくらいもらっているのだろう?ということで、世間様のボーナス事情を調べてみました。 世帯単位ですが、我が家のボーナスは今まででもっとも多かった
マンション購入

マンション購入の選び方でポイントにしたこと。不動産屋のチラシも活用できる

中古マンションのチラシが増えてきましたね。新聞を取っていると、チラシが入るのでこうした情報にも目を通す機会があるかと思います。 マンション購入となると、人生に一度あるかないかの大きな買い物です。ちょっとびびります。 買い物となると「いい
2017.12.29
ふるさと納税 家電

年収800万円超だけの特典!ふるさと納税で「iPad・iPad mini4・iPad Pro」が手に入る

ふるさと納税の返礼品のなかで、総務省の各自治体への通知で「返礼品は寄付額の30%まで」というのが出されたこともあって、家電製品は縮小しています。 以前、人気だった返礼品のiPadは、軒並みなく中止になっていましたが、でiPadの返礼品が取
2018.09.13
貯金ネタ

積立の威力は金額だけでなく良い習慣ができること。30代は貯金1,000万円をめざして行動あるのみ。

旧友との忘年会に行くと、普段会っていないので、いろんなジャンルの話で盛り上がります。 なかでも、やはりみんな大好き「お金」の話にもなります。 「給料いくら?」 「お金ないよね」 「子育て楽しいけど、お金不安だよね」 などなど。
2018.03.12
NISA

つみたてNISAのデメリット。非課税枠最大800万円を使えるのは全員ではない

つみたてNISA(積立NISA)が2018年より始まりました。 年40万円×20年間=合計800万円分の投資の売却益などの利益に対する税金が非課税になる制度です。 現行NISAは年120万円×5年で最大600万円なので、非課税枠としては
2018.08.15
買ってよかったモノ

2017年買ってよかったもの(時短アイテム、本、文房具など)。人生を少し豊かにしてくれたアイテムたち。

Amazonの78時間のサイバーマンデーセールが明日からいよいよ始まりますね。 今年最後のビッグセールなので、欲しいものが安くなっていればすぐに買いたいですね。 Amazonプライム会員だと30分早くセールに参加できますが、月額330円
2018.07.30