資産運用

株式投資

【上場企業10社で比較】現金を稼ぐ力が分かる!安定配当株・不動産会社の営業キャッシュフローマージン

「利益」と「キャッシュ」は違うと言われますが、黒字決算であっても資金繰りに窮して倒産してしまうこともあります。 いわゆる黒字倒産ってやつですね。 株式投資による配当金収入を増やすために、コツコツと投資をしているんですが、絶対に避けたいのが
2019.08.13
国内株(配当)

【配当利回り4%と魅力】MUFGグループ・ジャックスの株主還元・配当利回り・配当金推移など

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の一角であるクレジットカード会社ジャックスは、高配当株として魅力が高まっています。 投資する際に身近なものからヒントを得ることがありますが、私が普段使っているクレジットカードがジャックスカードで
2019.08.12
株主優待

【8月株主優待おすすめ】イオンや吉野家など配当+優待利回りまとめ

株主投資の魅力のひとつに、株主優待があります。 株式投資には、 値上がり益が狙える(反対に損をする場合もある) 配当金がもらえる(無配当の銘柄もある) 株主優待がもらえる(優待を実施ていない銘柄もある) の3つのメリットが
2019.08.10
国内株(配当)

【8万円の投資で銀行預金に圧勝】高配当株に分散投資しよう(SBIネオモバイル証券なら少額で実現できる)

高配当株への投資の魅力に取りつかれて、高配当株をコツコツと増やしています。 今では、今年は7か月で約60万円の配当金を受け取るまでに成長し、賞与が一回増えたような感覚です。これからも配当金は増えていく予定です。 配当金投資のおすすめ理由
2019.08.12
NISA

【税金は最大の支出】NISAの活用で配当金の課税ゼロで収入に対する税金を抑えよう

日本の所得税率は稼げば稼ぐほどに税率が上がっていきますね。 税金をコントロールすることは、私たちの可処分所得を増やすために必須のことだと思います。 しかしながら、給与天引きでは、勝手に引かれており、税金に対する意識はほとんどいきません。
2019.08.07
国内株(配当)

【2019年度第一四半期決算で見る】NTTドコモとKDDIならどっちに投資したほうがいい?

NTTドコモ(9437)とKDDI(9433)の2020年3月期第一四半期決算が発表されていましたので、振り返ってみたいと思います。 私はNTTドコモとKDDIは、安定配当株として毎年買い増しをしていく銘柄として位置付けています。 ただ
2019.08.05
国内株(配当)

【日本たばこ産業 JTの決算】2019年第二四半期は増益決算も通期下方修正。配当金は?

安定配当株として、JTへの投資を続けています。 2019年第二四半期の決算が発表されましたので、軽く振り返っておこうと思います。 2019年期通期は、下方修正し、EPSも上がっていますので、配当性向は期初予想よりも上昇しています。 下
2019.08.04
配当金投資

【配当収入】インカム狙いの投資で不労収入を増やすメリット【家計が楽になる】

収入のうち、一部を将来のキャッシュフローを生む資産に振り向けていくことで、生活は楽になります。 人生でこわいことのひとつは誰もが「収入源」が途絶えることです。 お金がなければ生活できません。 極端な話ですが、そうしたことを逃れるために
2019.08.07
国内株(配当)

【12期連続増配+優待あり】アサヒグループホールディングスの配当利回り・配当金推移

スーパードライが主力のアサヒグループホールディングス(2502、アサヒGHD)の配当金推移、株主優待のご紹介です。 アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブから、傘下のオーストラリアのビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズ
2019.08.02
株主優待

【配当+優待利回り4%以上】カタログなど株主優待も魅力的な10銘柄をピックアップ

株式投資の中心は、「配当金」目的で不労所得を作ることに注力しています。 配当金目的で投資をしているので、株価が下がっても狼狽売りがなく、保有を続けることができています。投資前に業績の安定性などもチェックしていますので、「焦って売る」がなくな
2019.08.02