ふるさと納税

ふるさと納税 家電

年収800万円超だけの特典!ふるさと納税で「iPad・iPad mini4・iPad Pro」が手に入る

ふるさと納税の返礼品のなかで、総務省の各自治体への通知で「返礼品は寄付額の30%まで」というのが出されたこともあって、家電製品は縮小しています。 以前、人気だった返礼品のiPadは、軒並みなく中止になっていましたが、でiPadの返礼品が取
2019.02.11
ふるさと納税の基本

楽天ふるさと納税・スーパーSALEはポイントアップの大チャンス!実質負担ゼロも可能です。

ふるさと納税のなかでも、まるでネットで買い物をするようにふるさと納税ができる「楽天ふるさと納税」。 ふるさと納税は、お肉やお米などの返礼品がもらえて、寄付額から2,000円を除いて残りの金額は税金控除してくれる寄付制度です。 もし、あな
2019.01.02
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえる家電や電化製品のおすすめ11選【2019年版】

ふるさと納税の返礼品のなかでも、人気が高いのが"家電"、”電化製品”です。 例えば、パソコン、カメラ、テレビのほか、ダイソン製品などがあるんです。以前よりは、かなりボリュームは少なくなりましたが、今でも返礼品として扱ってくれています。
2019.04.30
ふるさと納税 限度額

ふるさと納税で損しないための年収によって変わる限度額の確認ポイント

ふるさと納税は、その関連本が書店でもずらりと並ぶくらい人気の制度です。 と言いながら、まだ利用されていない方も多い制度ですが、確実にお得ですので我が家では毎年のようにしています。 「ふるさと納税をしていない人」の多くは、『ホントにお得な
2018.08.15
ふるさと納税 食べる

ふるさと納税でもらえる「おせち料理」特集。年収400万円以上からもらえる

ふるさと納税の返礼品の充実っぷりに驚くばかりですが、「おせち料理」なんていう返礼品もあります。 私が子どものころは、おせち料理って家で作っていましたが、今は買う人も増えていると思います。 元旦に食べるおめでたいものですが、意外と残してし
2018.09.10
キッチン用品

ふるさと納税でもらった包丁やキッチン用品が思いのほか良かったのでご紹介

ふるさと納税でもらってよかったモノを今日はまとめてみました。 ふるさと納税の魅力は、寄付額から2,000円を除いた金額が税金控除という形で税金が安くなること。 そして、地方自治体からの返礼品をもらうことができることですね。 「お肉」「
2019.01.20
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は年収ごとにお得度が変わる!初めてするときの注意点

ふるさと納税ってどうするの?ってたまに質問を受けます。 なぜか、ふるさと納税といえば・・・みたいな人になっています。 ふるさと納税は、自治体への寄付。それを”ふるさと納税”って呼ばれているわけですが、実際に納税するわけではないんです。寄
2017.11.20
自転車

ふるさと納税で自転車がもらえるおすすめ7選。電動自転車、マウンテンバイクなど。

ふるさと納税の返礼品で自転車を用意している自治体があります。 ふるさと納税というと、お肉やお米、果物が返礼品としては有名ですが、自転車なんかも返礼品としてあるんですね。 寄付をすると、2,000円を除いて税金が控除される(所得によって上
2019.03.08
ふるさと納税 税金

ふるさと納税の住民税控除は給与収入分から?副業の収入から?市税事務所に聞いてみた。

ふるさと納税をすると、所得税と住民税が税額控除されて、税金が安くなります。 給料収入以外に副業などで副収入がある場合、その収入を合算してふるさと納税の限度額を計算することができます。 単純に納める税金が増えるので、ふるさと納税の限度額も
2019.01.16
節税方法

住宅ローン控除があってもiDeCo(イデコ)で節税メリットがあるの?年収600万円でシミュ―レーションしてみた

老後資金の積み立てに最適な手段でもあるのが、2017年から誰でも加入できるようになった、個人型DCですね。 愛称はiDeCo(イデコ)。 この制度のポイントは、60歳まで引き出すことができないというデメリットがある一方、毎月の掛け金は所
2018.08.16