返礼品

ふるさと納税 家電

2,000円でiPad Proを手に入れるのはいつまで?ふるさと納税最後のチャンスを活かそう

ふるさと納税は、6月から法改正で変わる部分があります。 2月8日の閣議決定でされました。 ほとんどの自治体は今まで通りですが、一部、「返礼割合が3割を超える」、あるいは、「地場産品以外」の返礼品を用意している自治体はなくなるはずです。
2019.03.07
ふるさと納税「お肉」

やっぱり牛肉が最高!ふるさと納税でもらえる高級牛肉5つを厳選

ふるさと納税は実質2,000円で地方の特産品を手に入れることができるので、とってもお得! 年収がある方であれば、しておかないと損なくらいですね。 人気が高いのはやっぱりお肉!牛肉! ということで、ふるさと納税の雑誌をいくつか購入して、
2019.04.30
ふるさと納税 限度額

年収1000万円会社員のふるさと納税上限額&寄付額18万円までのおすすめ返礼品

会社員でも手軽にできる節税策としても人気の高いふるさと納税。 このところは、総務省と自治体のやり取りでも話題です。ふるさと納税というネーミングはついていますが、自治体へ寄付すること(=ふるさと納税)。 ふるさと納税をするとその大半が税金
2018.11.30
インテリア・家具

ふるさと納税の返礼品でもらえるエアウィーヴ【全21返礼品まとめ】最高の眠りを手に入れたい

ふるさと納税は、自治体に寄付することで、返礼品がもらます。 そして、寄付額のほとんどは税金が控除されるので、実質ほぼ無料(年間の自己負担2,000円)でいろんな返礼品がもらえるのが魅力的です。 クレジットカードで寄付ができるので、クレカ
2018.11.30
キッチン用品

ふるさと納税の返礼品でもらえるティファール製品まとめ【2018年版】

ふるさと納税は、自治体に寄付することで色々な返礼品がもらえます。 私はマンゴーやシャインマスカットなどをリピートしていますが、過去には食器などをもらったこともあります。 今回は、使いやすいティファールを取り扱う自治体のご紹介です。 テ
2018.11.30
ふるさと納税「魚介類」

ふるさと納税でもらえる「うなぎ」5選【寄付額1~2万円】5尾もらえる自治体も

ふるさと納税の醍醐味は、もらえる返礼品です。 ふるさと納税は知っていても、実践している方は2割程度です。収入がある方で納税しているのであれば、税金が控除されてお得に返礼品をもらうことができます。 暑い夏は、やっぱりうなぎが食べたくなりま
2019.02.28
ふるさと納税 家電

ふるさと納税・ソニー製品まとめ【デジタル一眼レフカメラ・テレビ・ウォークマン】

総務省の通知では、地元産品を返礼品にしてくださいと各自治体に通知を出しているようですが、地元産品の定義があいまいで各自治体の判断に委ねるのだそうです。 そのため、地元にある工場で作った製品などを返礼品にしている自治体もあります。 宮城県
2018.11.18
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行券(クーポン)まとめ。30%還元率のギフトカードも

ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いて残りの金額が税金控除(所得税、住民税)してくれるお得な制度です。 ガシガシ使っていくことが節税にもなるので、サラリーマンでも手軽にできる節税方法と言えます。我が家も夫婦揃って、毎年ふるさと納
2019.03.08
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえるLEDシーリングライト。アイリスオーヤマが明るさ調節できておすすめ!

ふるさと納税の返礼品でも人気が高いのが家電です。 パソコンやiPadなどがもらえたりと、とにかくお得です。我が家も家電をもらったことがあります。 ふるさと納税は、自治体への寄付をすることです。その寄付額から2,000円を除いて、残りの金
2018.08.08
ふるさと納税 家電

年収800万円超だけの特典!ふるさと納税で「iPad・iPad mini4・iPad Pro」が手に入る

ふるさと納税の返礼品のなかで、総務省の各自治体への通知で「返礼品は寄付額の30%まで」というのが出されたこともあって、家電製品は縮小しています。 以前、人気だった返礼品のiPadは、軒並みなく中止になっていましたが、でiPadの返礼品が取
2019.02.11