配当性向

厳選銘柄

【増益企業50社をピックアップ】株価指標、配当利回りで見た投資したい銘柄は?

日本経済新聞の記事によると、2019年4~12月期の純利益増益で見た場合、 増益 45%  減益 55% となっており、減益発表の企業が多くなっています。 業績の修正に至っては、 上方修正 37% 下方修正 63% となっており、見る限り
2020.02.26
高配当ランキング

【減配リスク高い?!】高配当だけど買いたくない銘柄まとめ

安定配当株を長く保有することで、キャッシュイン(配当金)と資産形成をしていくことを目的に投資をしています。 配当収入は、比較的安定しているので、翌年も収入を見込みやすいというメリットがあります。 得られた配当金は、投資資金になり、再投資す
2020.03.03
高配当ランキング

【高配当ランキング(20年1月6日)】ミックス係数、ROE、配当性向で比較。投資したい銘柄は?

2020年も株式市場が幕開けしました。 大発会は、451円(1.91%)も下げる大きな下げで新年スタートです。 私の投資方針は、安定配当株と配当成長株への投資をして、安定した配当金を得ることを目的にしています。 2020年1月6日時点の気
2020.02.03
スポンサーリンク
配当金投資

【配当金投資で確認すべき指標は】配当性向vsDOE(株主資本配当率)どちらを見る?

四季報で配当金投資において、非常に参考になる特集が組まれていました。 1株純利益に対して、どれだけ配当を出しているかを見る配当性向はよく確認していましたが、純利益は年によってブレが大きいです。 そこで、株主資本に対して、どれだけ配当を回して
2020.01.06
国内株(配当)

【悲報】オリックスの増配記録が9期でストップ!株主のメリットがあった発表とは?

高配当株・連続増配株で、株主優待も魅力的なオリックス(8591)が2020年3月期の上半期決算を発表しました。 同時に、未定であった通期配当金を発表しています。 増配の期待だったんですが、 1株76円(増配せず) 増配せずに、昨年期
2019.10.30
配当金投資

【平均利回り4.4%・23銘柄】大型高配当株に投資する理由

毎年の配当金収入を増やすために、コツコツと投資をしています。 今では、年間100万円以上の配当金収入を受け取れるようになったので、地道にコツコツと続けていくことが大事だなと感じます。 株価の値動きがいいのは小型株ですが、配当狙いでは大型株を
2019.10.18
配当金投資

【国内株の配当性向は30%程度】配当金再投資は、お金持ちに近づく方法

2019年3月期決算の上場企業が支払う配当金は7兆円にも登るそうです。 日本経済新聞の記事によれば、投資家に支払われるお金が7兆円もあるのです。 企業の2019年3月期の期末配当の行方が注目されている。6月までに現金として約7兆円が投資家
2019.06.03
国内株(配当)

NTT(日本電信電話)の配当利回り・配当性向・配当金推移。10年連続増配で今後も期待

子会社のNTTドコモ株を保有していますが、ふと親会社のNTT(日本電信電話)【9432】の配当金推移はどうなんだろうと思い、調べてみました。 驚きだったのが、NTTは配当性向が40%程度しかありません。 NTTドコモは70%近いので、配
2020.05.15
国内株(配当)

高配当株ローソンが42%の大幅減配で株価暴落。減配銘柄に学ぶ配当金投資で見るべき点は?

配当利回りが4%ほどあったローソン(2651)ですが、2018年度(2月期)決算発表で、2019年度の配当を 1株255円から150円に 42%もの大幅減配を発表しました。 利回りは2%台に急落していますね。 株式投資において、配当金狙いの
2019.04.15
国内株(配当)

将来の高配当株候補!三菱商事の配当利回り・配当性向・配当金推移。減配しない方針

三菱グループの中核企業であり、総合商社の雄・三菱商事。 過去に保有していましたが、減配などをきらって手放してしまった経験があります。 ポートフォリオの一部にエネルギーを入れたいと思っていますが、三菱商事もいいなと思い、調べてみました。
2020.05.19
スポンサーリンク