配当

国内株(配当)

【高配当株】日本たばこ産業(JT)vsフィリップモリス(PM)増配余力の強みがあるのは?

購読しているで日本たばこ産業(JT)とフィリップモリス・インターナショナル(PMI)の特集が組まれていました。 たばこ株は高配当株としても人気です。 我が家も、JTを4000株以上保有しており、安定配当株として家計に寄与してくれています
国内株(配当)

NTTドコモの株価が大幅下落。株主優待もないし、投資はすべきか?

通信株が軒並み下落しています。 5Gの普及前夜で未来は明るいように思えて、株価は下落の一途をたどっていますね。 2018年3月末から2019年3月末にかけて時価総額を減らしたランキングでは、ドコモやKDDIがランクインしています。 *
2019.04.14
国内株(配当)

分配金の利回り5%以上のREIT購入で不労所得を増やす。スターツプロシード(8979)を購入

インカムゲイン(配当金、分配金)を重視した投資に切り替えているので、コツコツと不労所得を増やしています。 日本株の場合は、3月決算銘柄が多く、配当金も年2回が基本なので、6月と12月しか入金がありません。 このため、できるだけ毎月、配当
2019.03.30
資産運用

副業の平均月収は6.8万円!給料+副業+資産運用で収入の複線化を図ろう

副業歴4年になりますが、会社員の給料だけで過ごしているときよりも、収入源が増えている点では安心感を持ちます。 ただ、今も不安はないといえば嘘になります。 副収入は安定性に欠けるからですが、それでも副収入があると、心強いですね。 副業に
2019.02.22
配当金投資

貯金1000万円より資産1000万円のほうが数倍うれしい。理由はインカムゲイン

貯金1000万円もうれしいですが、資産1000万円はもっと嬉しいものです。 ここでいう資産とは、お金(現金)を生むものを言います。 「改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」を読まれた方も
2018.07.13
配当金投資

配当利回り3%の会社に投資続けるとどうなるか。やはり投資は連続増配を好む

定期的なインカムゲインである配当金を得るため、日本株7銘柄、米国株4銘柄、計11銘柄を保有しています。保有株の配当利回りは税引前4%程度となっています。 住居費相当額である年間約90万円を配当金で賄う取り組みをしています。 住居費は家計
2018.07.13
ひふみ投信/セゾン投信

元本割れの恐怖よりも、それから目をそむける恐怖と見逃した利益の方が大きい

将来の不安を持ちすぎると、財布のヒモはギュギュっと締まってしまいます。背に腹は代えられないので、今を犠牲にしてでも、将来への備えを優先する。 そんな日本。 私のパートナーさんは、いつも超楽観的でして「なんとかなるでしょ」というのが口癖で
米国株(配当)

お金を失う愚かさ。100万円以上の損失を経験から生まれた投資方針。

預貯金だけでは、お金は増えません。そのため、投資をはじめとする資産運用は大事なことです。少額でもいいので、続けていくことが大事です。 私が初めて投資をしたのは、セゾン投信という投資信託でした。 途中、個別の株式投資もはじめたのですが、短
米国株(配当)

米国株投資の5年計画。配当2.5倍をめざして筋肉質の家計を作るぞ。

残業規制の働き改革で、自分が思っていたより想像よりも早く給料収入が減り始めました。いままで残業代が多かったこともあって家計はそれなりに潤っていたのです。 会社は早く帰れ光線を浴びせてくれますので、さっさと帰ります。子どもの時間、睡眠時間が
2018.07.30
教育費積み立て

子どもの貯金を増やす手段。毎年、配当が増える企業にお金を預けるという考え。

毎月、貯金額の記録、いわゆる貯金簿をつけています。 家計簿は2種類つけていて、毎月の収支(フロー)と貯金額の推移(ストック)を把握するようにしています。 ≫≫ 実は家計簿って2種類作る必要があるって知っていました?お金の流れを知るメリッ
2017.12.27
配当金投資

配当金がもらえると投資のやる気も出て、続けられる。投資資産の7割は振り向けたい。

6月は、3月期決算の会社からの配当金が振り込まれました。 収入が減っているので、こうした資産(株式)から生まれるお金は、ありがたいですし、家計的にも助かりますね。 投資をしていると、どうしても買い値(自分が買った株価)に気を取られてしま
2018.10.12
資産運用

株2万円、こんなときこそ現金ポジションとのバランスを意識する。

ニュースで知りましたが、先日、日経平均株価が2万円を超えました。1年半ぶりだそうですね。2000年以降では3度目ですね。 これまで「2万円の壁」に跳ね返されていましたが、突き抜けた感じです。まだまだ伸びるのでしょうか。 一つ言えることは
オススメ書籍

営業キャッシュフローに着目した世界一わかりやすい米国式投資の技法

のんびりと資産を増やす選択肢にアメリカ株にスポットを充てています。 そんななか、「米国株式投資の技法」という本を読みました。最近米国株をテーマにしたブログも増えて、また、そのなかで紹介されていた書籍です。 いろんな財務諸表の本を読ん
2019.02.21
株式投資

日本郵政が巨額減損で赤字に転落。配当は維持方針だけど、東芝に続いてトホホ。

日本郵政が子会社のトール社(豪)ののれんと一部の有形固定資産を減損損失として計上することを発表しました。 このところ、世は減損バブルかというくらい減損のニュースを見るように思います。東芝が一番大きいですね。 どうも、日本郵政のIPOに当
2017.04.26
資産運用

配当を出さない企業に投資すべき?もうお金は減らさない資産運用を実践していく

お金を貯めると不思議なもので「減らしたくない」という感情が生まれてきます。 「減らしたくない」=「お金を使わない」になってしまうと、人生が貧相なものになってしまいそうで、「お金を使うこと」に対しては普通に使っていきたい。 でも、やっぱり
2018.07.30
ボーナス

2016年ボーナスの使い道には、貯金だけでなく株式投資にも回すことにする

冬のボーナスの支給時期が来ましたね! 先日、家計簿ブロガーさんとコラボ記事で、ボーナスのことを書かせてもらいましたが、買いたいものや使い方、貯め方など非常に興味深いものでしたね。 ≫≫ 【2016】ボーナスのルールはどうしてる?気になる
2018.12.23
米国株(配当)

アメリカ株で配当をもらい続ける!米国株の取引のおすすめ証券会社は?

英国のEU離脱で加速度的に円高が進んでいますね。私も円をドルに替えていたんですが、残留と予想して円安に振れると思って国民投票前に替えていました・・・。運無しトホホ。 さて、円高にも触れているところ、海の向こうアメリカの株式投資の勉強をして
2017.03.20
株式投資

ゆうちょ銀行の配当が入った!株主になるってどういうこと?

3月期決算の株主総会がピークですね。一度、株主総会には行ってみたいです。さて、2015年の新規公開株で最も大きな話題だったのが、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の日本郵政グループの上場です。私も運よく(?)日本郵政株とゆうちょ銀行株が当選
株式投資

年120万円の投資が非課税に。NISA(ニーサ)のデメリットを踏まえて、使うことにしたその理由とは。

今まで少額非課税制度、いわゆるNISA(ニーサ)の口座を開設しているものの使ってきませんでした。それは、NISAのデメリットが気になっていて二の足を踏んでいたからです。 ただ、最近よくよく考えるのとデメリットを大きく見過ぎていたのかな、と
2017.12.27