ひふみ投信

ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信解約しようかな。運営会社のレオス・キャピタルワークスが新規上場(IPO)

を運営するレオス・キャピタルワークスが新規上場すると発表しました。 12月25日のクリスマスにマザーズ市場に上場します。 ええええ!!!! という感じで、戸惑いの気持ちを最初に抱いたのが正直な感想です。 先日、こんな記事を書いたとこ
2018.11.28
投資信託

株価下落・含み損でインデックス投資を止めるのはあまりにもったいない

このところ株価は軟調で、今年から投資を始めた方は含み損の方も多いかもしれません。 つみたてNISA元年はとても厳しい年となっています。 人気のへ積立投資をしている人も多いと思いますが(私もしています)、2018年10月はひふみ投信が始ま
投資信託

積立投資に損切りは必要か?不安な相場のときに再確認しておくこと

つみたてNISAが始まった今年は、相場がかなり軟調ですね。 今年投資を始めた方の多くは含み損になっているのではないでしょうか。 含み損の時期が長く続くと、 この投資でいいんだろうか と疑問が芽生え、不安な気持ちが膨らんできます。
投資信託

S&P500に月5万円30年積立していれば1億円に。複利の力を活かした積立投資

積立積立投資を実践していますが、積立投資でお金を増やしていくのはとても息の長い戦略です。 私は20代のころ、積立投資を始めましたが、2年ほどでやめてしまった経験があります。 そのとき、含み益の実現は十数万円程度(元本は100万円ほど)だ
2018.10.15
投資信託

投資信託の成績が分かる共通KPIとは?保有するセゾン投信と他を比較

貯蓄から投資への掛け声のもと、つみたてNISAをはじめ、金融政策が行われていますが、私の周りでは投資している人はごく少数です。 投資をする際には、一度に多額の資金を投入するよりも、コツコツと毎月一定額を積立していく積立投資のほうが続けやす
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信・セゾン投信の実質コストは?つみたてNISAアクティブファンドと比較

将来の資産形成に向けて、投資信託での積立は有効な方法です。 少額から投資でき、また、分散投資(時間分散、資産分散)もできるのが魅力です。 楽天バンガードシリーズは、インデックスファンドの雄であるバンガード社のETFに連動する投資信託とし
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信・セゾン投信・楽天全米株式の運用利回り比較(2018年)

株価が下がったときに購入して、高いときに売る。言葉にするととても簡単ですが、「言うは易く行うは難し」。 なかなかうまくいきません。 そこで、買うタイミングを分散して、毎月少額から投資できるのが積立投資。 一度設定すれば、買う判断が不要
投資信託

ひふみ投信と楽天VTIのリターン比較。積立投資をしていれば短期は気にしない

将来の資産形成を見据えて、毎月、積立投資をしています。 お金持ちになることも、急にお金が増えることもありませんが、長い時間をかけて、預貯金よりはるかに大きなパフォーマンスが期待できます。 10年、20年と長い時間をかけて、毎月少額でもい
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信への積立投資は約2年で25%増加。投資先はVISAやAmazonなど米国株が上位に

私の投資方針のひとつに、必要以上にリスクを取り、投資に心を乱されて、仕事や日常に支障が出ないこと、というのがあります。 過去の経験での失敗から来るものです。 そのため、投資していることすら忘れてしまうくらいがちょうどよく、積立投資を実践
ひふみ投信/セゾン投信

積立投資では下落相場はリターンに貢献する。短期志向ではなく長期志向がいい

株価が軟調ですが、つみたてNISAで投資をはじめた方など初めての下落で、とまどいがあるかもしれません。 相場が上昇し続けることはありませんし、その逆で、下落し続けることもありません。 上がったり、下がったりを繰り返します。 下がったと
投資信託

ひふみを凌駕する「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」というアクティブファンド

積立投資は、買うタイミングを考えずに済むので、楽ちんです。長続きしやすい。 投資は長く続けることで、複利効果が出てくるのでとにかく続けたい。 投資信託を勉強すると、低コストで、市場平均と同じリターンが出せる「インデックスファンド」への積
2018.07.16
ひふみ投信/セゾン投信

3%リターンでもすごい!月5万円の積立を20年間続けた場合でも数百万円めざせる

仮想通貨の暴落などを見ると、投資信託などでコツコツと積立投資をしている方が安全だなと感じます。 仮想通貨は私だけだと思いますが、心がなんだか疲れます。 精神的によろしくないですね。 やはり、ここは原点に返って積立投資をコツコツと愚直に
2018.08.15
子どものお金

子どものいる世帯は平均年収700万円以上。どれだけ貯金や借金があるのか。

子どもをもつ世代はどんな年収で、どれだけ貯金があって、どれだけ借金をしているのでしょうか。 子ども1人3,000万円はかかるとも言われますが、子どもを育てるには体力・経済力が必要です。子育てにはお金がかかるんです。 子どもと接すること、
2018.10.06
投資信託

20年で年利5%のリターンも。初めての資産運用には、少額から始められる投資信託

購読している日経ヴェリタスに「今こそ投資信託」と投資信託の特集をしていました。 これから投資をはじめる方にとっては、「投資=恐い」という印象を持つ方もいると思います。私も始める前は思っていましたが、今ではなんてことありません。 はじめて
2018.08.15
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信で長期積立投資。2017年のリターンは44.8%と好調

資産を増やしていくのに、投資をすることは必須ですが、投資をするとどうしても値動きが気になってしまいます。 自分のお金を投じているので当たり前ですね。さきの仮想通貨の暴落なんかは気が気でなかったという方も多いかもしれません。 いくつかの投
2018.11.19
ひふみ投信/セゾン投信

投資信託の強制終了「繰上償還」とは?積立投資でも気を付けるべき?

最大20年間、年40万円の投資の利益が非課税となる”つみたてNISA”が始まっています。 コツコツと積立投資は、継続しやすいですし、なにより手軽にできます。私もこの手軽さが気に入って積立投資をしています。 に毎月積立をしていますが、同社
2018.02.10
教育費積み立て

子どもの教育費の貯め方。お金のゴールを見ると不安も解消できる

お金の不安というのは誰しも持つことです。 子育てをしている世帯では、教育費という大きな出費に頭を悩ましますね。 子ども1人育てるのに3,000万円・・・とか言われますので、大きなお金です。 生涯収入が2.3億円とすれば、税引き後1.6
2018.04.18
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信は1,000円から積立投資可。また、月によって金額変更もできて便利

2017年11月は資金純流入で第2位になるなど(モーニングスター調べ)、が好調です。 ひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークスは、この1年で2,700億円もの資金が流入しています(2017年11月末現在純資産4,970億円)。 ひ
2018.06.17
NISA

つみたてNISAのデメリット。非課税枠最大800万円を使えるのは全員ではない

つみたてNISA(積立NISA)が2018年より始まりました。 年40万円×20年間=合計800万円分の投資の売却益などの利益に対する税金が非課税になる制度です。 現行NISAは年120万円×5年で最大600万円なので、非課税枠としては
2018.08.15
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信はこの1年間の利回りは37%。「守りながらを増やす」をこれからも期待。

毎月積立投信を実践しているひふみ投信の第9期・ひふみプラス第6期(2016年10月1日~2017年10月2日)の運用レポートが発表されましたね。 順調なパフォーマンス。1年間で37.4%上昇しました(同時期に東証株価指数は29.2%上昇)
2018.07.30
ひふみ投信/セゾン投信

積立投資では、やっぱりアクティブ投信を選択から外すべき?!

10年ほど前に投資に出会ったときに、投資信託に投資しているブログをよく読んでいました。 その一つが「rennyの備忘録」です。 最近は、なかなか読む機会が減ってしまっていますが、インデックスファンドを中心に積立投資をしているという印象で
2018.07.27
確定拠出年金(iDeCo)

個人型DC(iDeCo)・「年金」の受け取り方は証券会社で違うのでまとめてみた

個人で積み立てて、運用し、将来受け取ることができる年金制度、iDeCo(イデコ)が人気です。我が家も夫婦揃って、2017年から始めました。 そのiDeCoですが、自営業や公務員などによって、毎月の掛け金の上限が変わってきます。掛け金はすべ
2018.09.29
投資信託

投信ブロガーが選ぶ投票に初参加。積立で資産形成している3つのファンドを投票。#foy2017

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」で自分が選ぶ投資信託かETFの投票が、2017年11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)までとなっています。 同イベントはなんと10周年。主催者のrennyさん(ブロ
2017.12.05
アメリカ株

お金を失う愚かさ。100万円以上の損失を経験から生まれた投資方針。

預貯金だけでは、お金は増えません。そのため、投資をはじめとする資産運用は大事なことです。少額でもいいので、続けていくことが大事です。 私が初めて投資をしたのは、セゾン投信という投資信託でした。 途中、個別の株式投資もはじめたのですが、短
統計関連

40代の貯金は平均939万円。老後資金は年間平均100万円貯金がひとつの目安。

20代、30代と過ごしてきてお金の悩みは、毎年のように変わっています。 基本は、「将来の不安」という漠然としたものもありますが、20代と30代の我が家で決定的に違うことは、『子どもが生まれたこと』です。 子どもが生まれたことで、生活環境
2018.08.05
ひふみ投信/セゾン投信

ウェルスナビは国際分散投資が手軽にできる。ズボラな積立投資が生んでくれる利益。

銀行に預けるだけではお金が増えない時代ですので、必要なお金(生活防衛資金)以外は、基本的に投資にまわしたいと思っています。 個人的には、個別株式への投資が好きなので、日本株や米国株にも投資をしています。 しかし、個別株に投資をするには、
2018.05.07