ひふみ投信

ひふみ投信/セゾン投信

【投資信託は初心者におすすめか】日経平均株価やひふみ投信の1年を振り返る

2019年は、相場環境の良い1年でしたね。 振り替えると、年明けと夏場は軟調だったように思います。 喜ばしいニュースのひとつに、税制改正によりNISAが延長されたことです(法改正はこれから)。 ただ、新NISAは2階建てという複雑な仕組みに
2019.12.30
ひふみ投信/セゾン投信

20代で資産運用を始めるメリット。長期投資で勝ち組になりやすい

統計があるわけではありませんが、20代から資産運用を手掛けていると、勝ち組になりやすいと感じます。 複利運用といって、お金がお金を生むものですが、投資期間が短いと大した効果は出ません。 20代のうちから資産目標を持ち、行動していくことで、資
2020.02.16
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信解約しようかな。運営会社のレオス・キャピタルワークスが新規上場(IPO)

を運営するレオス・キャピタルワークスが新規上場すると発表しました。 2018年12月21日上場直前ですが、新規上場が取りやめられました。 12月25日のクリスマスにマザーズ市場に上場します。 ええええ!!!! という感じで、戸惑いの
2018.12.21
スポンサーリンク
投資信託

株価下落・含み損でインデックス投資を止めるのはあまりにもったいない

このところ株価は軟調で、今年から投資を始めた方は含み損の方も多いかもしれません。 つみたてNISA元年はとても厳しい年となっています。 人気のへ積立投資をしている人も多いと思いますが(私もしています)、2018年10月はひふみ投信が始ま
投資信託

S&P500に月5万円30年積立していれば1億円に。複利の力を活かした積立投資

積立積立投資を実践していますが、積立投資でお金を増やしていくのはとても息の長い戦略です。 私は20代のころ、積立投資を始めましたが、2年ほどでやめてしまった経験があります。 そのとき、含み益の実現は十数万円程度(元本は100万円ほど)だ
2018.10.15
投資信託

投資信託の成績が分かる共通KPIとは?保有するセゾン投信と他を比較

貯蓄から投資への掛け声のもと、つみたてNISAをはじめ、金融政策が行われていますが、私の周りでは投資している人はごく少数です。 投資をする際には、一度に多額の資金を投入するよりも、コツコツと毎月一定額を積立していく積立投資のほうが続けやす
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信・セゾン投信の実質コストは?つみたてNISAアクティブファンドと比較

将来の資産形成に向けて、投資信託での積立は有効な方法です。 少額から投資でき、また、分散投資(時間分散、資産分散)もできるのが魅力です。 楽天バンガードシリーズは、インデックスファンドの雄であるバンガード社のETFに連動する投資信託とし
ひふみ投信/セゾン投信

ひふみ投信・セゾン投信・楽天全米株式の運用利回り比較(2018年)

株価が下がったときに購入して、高いときに売る。言葉にするととても簡単ですが、「言うは易く行うは難し」。 なかなかうまくいきません。 そこで、買うタイミングを分散して、毎月少額から投資できるのが積立投資。 一度設定すれば、買う判断が不要
投資信託

ひふみ投信と楽天VTIのリターン比較。積立投資をしていれば短期は気にしない

将来の資産形成を見据えて、毎月、積立投資をしています。 お金持ちになることも、急にお金が増えることもありませんが、長い時間をかけて、預貯金よりはるかに大きなパフォーマンスが期待できます。 10年、20年と長い時間をかけて、毎月少額でもい
2019.01.01
ひふみ投信/セゾン投信

3%リターンでもすごい!月5万円の積立を20年間続けた場合でも数百万円めざせる

仮想通貨の暴落などを見ると、投資信託などでコツコツと積立投資をしている方が安全だなと感じます。 仮想通貨は私だけだと思いますが、心がなんだか疲れます。 精神的によろしくないですね。 やはり、ここは原点に返って積立投資をコツコツと愚直に
2018.08.15
スポンサーリンク