ふるなび

ふるさと納税の基本

【5/31〆切】泉佐野市のふるさと納税は返礼品+Amazonギフトが20~40%もらえる【寄付額の最大70%】

ふるさと納税は、法改正があり、6月1日以降は、総務省が認めた自治体に対してのふるさと納税のみ寄付金控除を受けることができます。 東京都を除くすべての自治体が総務省に申請していますので、今審査されているところですね。 注目は、総務省と面と
2019.06.01
ふるさと納税 家電

【3万円以下】ハンディアイロンなどの家電が手に入るふるさと納税返礼品

ふるさと納税は、実質的な自己負担は年間わずか2000円で、いろんな返礼品がもらえる自治体への寄付制度です。 所得環境によって、実質2000円の負担で済む上限額は各々変わりますが、所得があれば誰でもできるので、利用することのメリットは大きい制
2019.04.28
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける。H.I.Sギフトカード寄付額30%・有効期限なしと最強

ふるさと納税の返礼品のなかでも、旅行に使えるクーポンやギフトカードは使い勝手がとてもいいです。 過去には、沖縄県那覇市へのふるさと納税で那覇市に旅行に行きましたが、旅行代を節約できるので嬉しいですね。 今回、ご紹介するのは佐賀県みやき町
2019.03.09
ふるさと納税 家電

年収500万円以上でお得!寄付額5万円以下でもらえる家電おすすめ5選(ふるさと納税)

2018年のふるさと納税の寄付は12月31日までとなっています。 多くの自治体がクレカ決済であれば23時59分までOK。 以前、試しに23時台に決済してみましたが、きちんと税控除されました。 ギリギリまで悩んでも大丈夫ですね。 年収
2019.01.07
ふるさと納税 限度額

住宅ローン世帯がふるさと納税したら住宅ローン減税に影響はあるの?【年収別シミュレーション一覧】

会社員の手軽な実質的な節税対策として、人気の高いふるさと納税。 30代の会社員、子どもを持つ世帯も多いですよね。 マイホーム購入で住宅ローン減税を受けている方も多いと思います。我が家も住宅ローン減税をフル活用しています。 ふるさと納税
2018.12.20
ふるさと納税の基本

どこがおすすめ?8つのふるさと納税サイト比較。会社員なら節税につなげよう

ふるさと納税は、自治体への寄付巣をすることで様々な返礼品を受け取ることができます また、寄付後は確定申告をすることで、税金が安くなるため、実質的な負担はわずか2000円です。 収入のある方は誰でもできるので使わない手はないのですね。
2018.11.30
ふるさと納税 限度額

夫婦共働きのふるさと納税・上限額はどうやって計算する?いつまでに申し込みすればいいの?

ふるさと納税は、会社員にとって手軽に簡単にできる節税方法と言えます。 ふるさと納税歴と、毎年のようにしています。 また、夫婦共働きなので、夫婦ともにふるさと納税をすることで、自治体からのお礼品をゲットしています。 何かと話題のふるさと
2019.03.22
ポイント制・商品券

ふるさと納税で返礼品+Amazonギフトがもらえるサイトまとめ!ふるなびがお得

ふるさと納税では、寄付額のほとんどが税金控除という形でお金が戻ってきて、自治体からの特産品がもらえるのでお得な制度と言えます。 ふるさと納税は、ポータルサイトを利用して、自治体に寄付することになりますが、寄付をすることでAmazonギフト
2018.11.30
ふるさと納税 限度額

産休中・育休中にふるさと納税をしてもいいの?メリット・デメリットは

ふるさと納税って聞いたことがあるけど、お得なの? ふるさと納税をする方は年々増えています。総務省の発表によると、2017年度は過去最高の寄付が集まったようですね。 ふるさと納税は返礼品がもらえることで人気を博していますが、どういう方がお
2019.05.16
ふるさと納税 食べる

ふるさと納税に良い時期はいつ?意外と1月から3月は狙い目の時期

ふるさと納税は収入が確定する年末に申し込みが増えますが、品切れ率も高い時期です。 年明けの1月から3月は、旬の返礼品が競争率も低く、手に入れやすいですね。 特に会社員であれば、おおよその年収は把握できますので、欲しい返礼品があったときに
2019.01.21