ふるなび

ふるさと納税の基本

【ふるさと納税は本日まで】絶対に知っておきたい失敗しないための注意点は3つ

年内のふるさと納税は、本日が最終日です。 今日中にクレカ決済で手続きを済ませていれば、来年、税控除を受けることができますね。 ふるさと納税は、 自治体に寄付をする 寄付した金額のうち2000円以外は税控除が受けられる 寄付額の約30%
2020.01.14
ふるさと納税 旅行

【タダで旅行も】ふるさと納税でもらえる宿泊券・星野リゾートも登場

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 年内に寄付をすれば、来年税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は旅行券の返礼品も選ぶことができるので、実
2019.12.31
ポイント制・商品券

【ポイントで返礼品】年内寄付だけで得するふるさと納税

ふるさと納税は、寄付時に返礼品を選ぶのが一般的です。 ふるさと納税は年内に申し込みをすることで、翌年の税控除を受けられることから、年内にすることが必須です。 ただ、返礼品をすぐに選べない、欲しい返礼品が見つからないというときには、寄付時
2019.12.31
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税】年収500万円で狙える人気の家電製品ランキング

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は家電・電化製品がもらえるので、実質2000円の負担で手に入れることができますね。 私もいくつか家電はもらったことはありますが、自分ではなかなか買えなかった
2019.12.31
ふるさと納税

【ふるさと納税寄付額相当のAmazonギフト券が当たる(50回に1回)】ふるなびがビッグキャンペーンを実施

年内にふるさと納税をすることで、来年の税控除を受けることができます。 年内12月31日が締め切りなので、12月はふるさと納税をする最大のチャンス月と言えますね。 ふるさと納税サイトのなかで、が5周年を迎えたことで、大きなキャンペーンを実施
2019.12.16
ふるさと納税 家電

【実質2000円】ふるさと納税でドラム式洗濯機・4K対応テレビが登場

ふるさと納税は、12月31日までにすることで、来年の税控除を受けることができます。 ふるさと納税の申し込みも増えてくる時期ですね。 同時に、自治体側も返礼品が充実してくる時期でもあるので、掘り出し物の返礼品が出るときでもありますね。 なん
2019.12.31
ふるさと納税の基本

【ふるさと納税キャンペーンまとめ】生活コストを抑える必須の制度

ふるさと納税の魅力は、寄付した額のほとんどが寄附金控除で、実質的な負担がなく、自治体から返礼品をもらえることです。 返礼品は、お米やお肉、生活用品、旅行券、家電など様々あります。 返礼品をもらって、生活費の削減にも利用できますね。 年
2019.12.31
ふるさと納税 家電

【はじめてのふるさと納税】ふるさと納税で家電・電化製品をもらう方法

ふるさと納税をし続けてはや年ほどになりますが、ふるさと納税の魅力は少ない自己負担でいろんな返礼品をもらうことができること。 返礼品は規制が入り、寄付額の30%以内という制限はありますが、それでも魅力的な制度です。 過去にコーヒーメーカー
2019.10.16
ふるさと納税 食べる

【ふるさと納税で食費を下げる】ハンバーグやお肉のおすすめ品

いよいよ消費税が10%に増税が近付いてきましたね。 給料が伸び悩むなかで、痛い増税です。 食品は軽減税率で8%ですが、それ以外は10%なので、家計におけるコストアップになっていきます。みりんも10%ですってよ そこで活用したいのが『ふ
2019.09.05
ふるさと納税 食べる

【ふるさと納税で生活コストを下げる】リスクゼロで調味料を手に入れよう

なかなか給料が伸び悩むなかで、消費税が8%から10%に増税すると更に懐は厳しくなってきます。 食品は軽減税率で8%ですが、それ以外は10%なので、家計におけるコストアップになっていきます。 そこで活用したいのが『ふるさと納税』です。
2019.08.26