【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

高配当

配当金投資

【高配当株より安定配当株】配当利回りだけを見た投資がNGな理由

「配当利回りの高さ」だけで投資先を選ぶのはNGです。 配当利回りは高くても5%~7%ですので、そのくらいの株価の下落は往々にしてあるものです。 また、高配当株のなかには、業績が悪化して、株価が売られて、高配当になっている銘柄も少なくありま
2020.10.17
REIT

【高配当ランキング】少額で不動産に投資できるREITで毎月分配

コロナ禍で不動産市場にも影響は出ましたが、海外主要都市と比較して、東京の不動産は底堅く、2020年上半期は世界で最もお金が集まったようです。 国内の不動産が海外投資家から注目を集めている。新型コロナウイルスの影響で欧米や中国への投資が減
2020.10.10
配当金投資

【配当金投資】高配当vs増配銘柄。シミュレーションで比較

配当金は不労所得としても最適だと考えています。 将来の教育資金、老後資金を見据えて、不労所得である配当金を増やすため、コツコツと投資をしています。 私が配当金投資に着目したのは3年ほど前だったんですが、その当時は配当利回りの高いいわゆる高
2020.09.26
スポンサーリンク
高配当ランキング

【配当利回り3%~6%】少額投資!株主優待のある高配当銘柄5選

高配当といっても○%などの基準はないように思いますが、日経平均の配当利回りが2%程度で推移していますので、4%以上あれば高配当株と十分言えるでしょう。 高配当株はそれだけ投資額に対して配当金を多くもらうことができるので、メリットもあります
2020.08.25
高配当ランキング

【減配5銘柄】高配当から転落した減配銘柄の配当性向の推移

高配当株投資に興味を持って、前から投資をはじめ、高配当にも多く投資をしてきました。 ただ、色々と経験値を上げていくなかで、高配当株投資は難しいという思いになり、最近は高配当よりも、毎年増配のできる「増配銘柄」、配当の成長力の高い銘柄への投
2020.08.16
配当金投資

配当金で投資元本を回収するにはどのくらいかかる?高配当・連続増配は強い

将来のキャッシュフロー(現金収入)を作っていくためには、配当金収入や家賃収入など現金収入を生む資産への投資が有効ですね。 ある程度の投資元本は必要ですが、参入しやすく、また、再現性の高い投資手法が「配当金収入」です。 我が家も遅ればせな
2020.08.04
厳選銘柄

【増配も期待できる】中小株の高配当株を5銘柄選んでみた

安定した配当金収入があると家計もぐっと楽になりますね。 配当利回りが高いというだけでなく、配当性向に余裕があり、増配力のある銘柄を長期保有することで、配当金を増やすことに注力した投資をしています。 配当金を毎年のように増やす力のある銘柄で
2020.07.25
配当金投資

【不労所得】税金面で不利な配当金投資を続けている理由

前に投資に興味を持ってから、配当金を得ながら投資を続けています。 配当金は、NISAを使わなければ、譲渡所得税が約20%かかってしまうので、複利運用の面では不利です。 インデックス投資のように、課税を繰り延べできるほうが複利運用のメリット
2020.07.20
スポンサーリンク