増配

3月優待

【過去10年減配なし】テクマトリックス(3762)は増配力あり、株主優待ありと魅力

毎年のように配当金を増やす増配銘柄を保有していると、将来の配当収入が増加していくので、家計にとってもメリットが大きいですね。 高配当株も魅力的ですが、配当成長株に興味を持つようになり、増配力の高い銘柄をピックアップしています。 テクマトリ
2020.06.03
配当金投資

【不労所得】年120万円の配当金にはいくら必要?増配の恐るべき力

不労所得のひとつに、株式投資による配当金収入があります。 配当金収入が増えていくと、家計の防衛力が高まっていくメリットがあり、我が家もコツコツと投資を続けて、配当金を得ています。 値動きのあるリスク資産である株式投資をするわけですから、株
2020.05.31
高配当ランキング

【3月決算・国内連続増配株】増配、減配、連続増配ストップ銘柄まとめ

毎年のように配当金を増やしてくれる「増配銘柄」。 その年次が多いほどに、長年にわたり利益成長を続け、その利益を株主還元の代表格である「配当金」という形で実現し、毎年増やしてくれている銘柄があります。 配当金を受け取るたびに思うのは、こうし
2020.05.26
スポンサーリンク
高配当ランキング

【増配株で年収アップ】配当成長力のある銘柄は長期保有向きと考える

配当金という不労所得があると、毎年の収入源となり、家計の防御力も高まっていきます。 配当利回りが高い銘柄を良しとして投資をしてきましたが、投資を続けていくうえで、色々と勉強をしてきました。 配当金を得る目的の投資のリスクは、配当金を減らす
2020.06.02
厳選銘柄

【増益企業50社をピックアップ】株価指標、配当利回りで見た投資したい銘柄は?

日本経済新聞の記事によると、2019年4~12月期の純利益増益で見た場合、 増益 45%  減益 55% となっており、減益発表の企業が多くなっています。 業績の修正に至っては、 上方修正 37% 下方修正 63% となっており、見る限り
2020.02.26
7月優待

【1万円台で買える】日本駐車場開発(2353)は10期連続増配・株主優待の内容は?

駐車場運営管理会社である日本駐車場開発(2353)は、わずか1万円台で購入できる銘柄です。 また、長期で増配と成長を続けており、また、株主優待もあるので、非常にレアな銘柄ですね。 駐車場事業、スキー場事業(運営、再生)、テーマパーク事業
2020.01.24
3月優待

【生活メリット大いにあり】家族で保有していきたい配当・優待株《厳選7銘柄》

2017年から本格的に株式投資をはじめ、日々勉強。 高配当株だけでなく、株価も成長するような、そして、優待もあるような銘柄に目を向け始めると世界が変わってきました。 日本独特の制度である「株主優待」をもらって分かったことは、 生活を豊かに
2020.05.30
国内株(配当)

【減配しない累進配当銘柄】最強商社・三菱商事(8058)が減益でも増配できる理由

商社のなかでも最強とも思える三菱商事(8058)。 20年3月期は海外子会社の清算などもあり、純利益を800億円も下方修正しています。 一方、配当金は年125円の期初予想を132円に引き上げ、増配としていますね。 業績を下げているのに、増
2019.11.30
国内株(配当)

【10期連続増配・12月優待】ヒューリック(3003)の株主還元・業績推移まとめ

平均給与1636万円(19年3月期有価証券報告書より)と、国内でも有数の高給サラリーを出しているヒューリック(3003)。みずほ系。 あまり聞いたことがないかもしれません。私も株式投資をしていなかったら知ることはなかったと思います。 し
2020.01.30
国内株(配当)

【悲報】オリックスの増配記録が9期でストップ!株主のメリットがあった発表とは?

高配当株・連続増配株で、株主優待も魅力的なオリックス(8591)が2020年3月期の上半期決算を発表しました。 同時に、未定であった通期配当金を発表しています。 増配の期待だったんですが、 1株76円(増配せず) 増配せずに、昨年期
2019.10.30
スポンサーリンク