積立投資

資産運用

【買いチャンスを逃さない】将来の資産形成に向け積立投資は最強か

2月始めから3月中旬まですさまじいスピードで株価は暴落し、半ば恐怖する感じる事態だったわけですが、そのあとは株価はどんどん値を戻しています。 もし、投資資金を引き揚げて、投資をしていなければ、今の上昇の恩恵は受けられないわけですが、3月の
2020.05.30
資産運用

【積立投資+分散投資】過去16年ワーストイヤーでは株式100%だと▲37%。債券40%だと▲8%。

将来の資産形成に向けて、「投資の力」を借りることは大事なことです。 20代で始めることができれば、そして、それを続けていくことができれば、勝ち組はほぼ確定です。 私は幸運にも20代で投資を知り、始めることができたのですが、「続けること」
2020.01.23
資産運用

【積立投資を減額する3つの理由】長期投資をするための決断

毎月、積立投資を続けているのですが、その積立投資金額を減額することにしました。 今までは、でを利用して積立投資をしていたのですが、その積立額を減額していきます。 月額3万円ほど積立投資をしていましたが、昨年途中から1万円に減額し、さらに5
2020.01.09
スポンサーリンク
教育費積み立て

【5歳で約500万円達成】教育費の積み立ては投資を活用すべきか【学資保険とジュニアNISA】

我が家は2人の子どもがいるので、将来の教育費負担が最も大きな不安です。子ども一人1,000万円とも2000万円とも言われますが、強力なのが大学費用です。 大学費用は増加傾向ですし、人口減で更なる値上げもあるのではないでしょうか。 我が家
2019.10.05
国内株(配当)

【配当金再投資がしやすい】実際に使って分かったSBIネオモバイル証券の3つのメリット

通常の100分の1の投資金額である1株から個別株が買えるを利用しています。 いよいよスマートフォンアプリが登場しましたので、ますます便利になってきましたね。 SBIネオモバイル証券は、 【SBIネオモバ証券のメリット】 少額か
2020.06.28
投資信託

【積立投資の心得】一日単位で一喜一憂せず、10年先を見てほったらかし投資をしよう

積立投資は、ドルコスト平均法と呼ばれる平均取得単価をならすことができる投資なので、手軽に、しかも、長期に渡って続ければ、リターンが出やすい投資手法です。 手軽にできるからといって、元本が保証されているわけでもなく、また、リターンが約束されて
2019.06.13
確定拠出年金(iDeCo)

月5万円の不足×20年にどう立ち向かうか。人生100年時代「高齢社会における資産形成・管理」

「人生100年時代」という言葉は、聞いたことがあるのではないでしょうか。 新聞でもたまに報道されていますね。 まだ30代なので、100年という言葉を聞いてもやや遠い感じもあり、実感が湧きにくいです。 厚生労働省が「人生100年時代構想
2019.07.01
投資信託

積立投資の効果が出る20年、30年を積み上げる2つの方法

2018年からつみたてNISAが始まり、積立投資が身近になっています。 とはいえ、積立投資により結果が出始めるのは、20年、あるいは、30年と積立を継続していかないと大きな複利のリターンは得られません。 積立投資で大事なことは、ファンド
2019.05.15
ひふみ投信/セゾン投信

20代で資産運用を始めるメリット。長期投資で勝ち組になりやすい

統計があるわけではありませんが、20代から資産運用を手掛けていると、勝ち組になりやすいと感じます。 複利運用といって、お金がお金を生むものですが、投資期間が短いと大した効果は出ません。 20代のうちから資産目標を持ち、行動していくことで、資
2020.02.16
投資信託

積立貯金だけで大丈夫?1,000万円以上不足を補うための方法

大学卒業後、65歳までの33年間、積み立て貯金を続けた場合、金利0.1%複利だと、 毎月30,000円 12,076,515円 毎月50,000円 20,127,525円 毎月70,000円 28,178,535円 に
2019.03.08
スポンサーリンク