2017-11

配当金投資

配当収入は長期では大きなリターンとなる。10年後を見据えてインカムを増やそう

家計の収入をあげるために始めた配当金狙いの株式投資。 思ったよりも、精神的に楽ちんです。 これ、大事です。 長続きするものを取り入れなければなりません。 個別の株を買うのはそれなりにまとまったお金が必要なので、毎月買うということは難
2018.01.12
ふるさと納税「お肉」

ふるさと納税「牛肉・豚肉・鶏肉」メガ盛り返礼品9選(寄付額1~2万円)

12月になると今年のふるさと納税(寄付)ができる最後の月です。 品切れ必至の人気の返礼品は、早めに申し込んでおきたいところですね。私も過去何度か「欲しかったのに品切れ・・」というのを経験しました。 今回は、寄付額1万円~2万円程度で家族
2018.08.15
ひふみ投信/セゾン投信

元本割れの恐怖よりも、それから目をそむける恐怖と見逃した利益の方が大きい

将来の不安を持ちすぎると、財布のヒモはギュギュっと締まってしまいます。背に腹は代えられないので、今を犠牲にしてでも、将来への備えを優先する。 そんな日本。 私のパートナーさんは、いつも超楽観的でして「なんとかなるでしょ」というのが口癖で
スポンサーリンク
貯金ネタ

お金を貯める王道「固定費の節約」が楽ちん。自動化貯金とセットで取り組めば最強

家計のなかでウェートが大きいのは、住居費や保険料などの毎月確実に出て行く「固定費」です。 この「固定費」をコントロールすることが、貯金体質にしていくミソだと思います。 食費やお小遣いなどの「変動費」に手を付けたこともあったんですが、面倒
ひふみ投信/セゾン投信

積立投資では、やっぱりアクティブ投信を選択から外すべき?!

10年ほど前に投資に出会ったときに、投資信託に投資しているブログをよく読んでいました。 その一つが「rennyの備忘録」です。 最近は、なかなか読む機会が減ってしまっていますが、インデックスファンドを中心に積立投資をしているという印象で
2018.07.27
無印良品

無印良品のベランダに隠せる収納やパイン材の棚収納が想像以上に快適!

無印良品は大好きなブランドのひとつです。 週末には毎回訪れると言ってもいいくらい(言い過ぎ?!)ですが、小物を買ったり、ただただ店内をフラッと歩いてみたりと、ただただあの空間が好きなんです。 家の近くは比較的小型の店舗ですが、大型店は更
2017.11.28
ふるさと納税「魚介類」

ふるさと納税・人気の「えび」8選。伊勢海老や甘エビ、ぼたんえびなど。

人気のふるさと納税の醍醐味のひとつは、地方の美味しい返礼品を堪能できることです。 年収がおおよそ分かると、どのくらい寄付(ふるさと納税)をすることが分かります。我が家もあと少しふるさと納税できそうなので、どんな返礼品にするか迷ってるところ
2018.08.15
確定拠出年金(iDeCo)

個人型DC(iDeCo)・「年金」の受け取り方は証券会社で違うのでまとめてみた

個人で積み立てて、運用し、将来受け取ることができる年金制度、iDeCo(イデコ)が人気です。我が家も夫婦揃って、2017年から始めました。 そのiDeCoですが、自営業や公務員などによって、毎月の掛け金の上限が変わってきます。掛け金はすべ
2018.09.29
変動金利ローン

2025年に金利1.8%予測も!?住宅ローンは変動金利が有利だけど注意点も

マイホーム購入で悩むもののひとつとして『住宅ローンの金利選び』だと思います。 とある友人は、販売会社の言われたとおりに住宅ローンを組んで、なぜその金利で組んだのか?を聞いたときに「わからん」という一言でした。 私は、提携住宅ローンには否
2018.07.31
配当金投資

ボーナスで株式投資。配当金を増やす企業・厳選3選。収入源を増やしていく。

もうすぐ冬のボーナスですね(ちょっと気が早いですが)。 給与所得控除の縮小など実質増税や消費税増税などを控えて、私たちの所得が伸び悩むことが予想されます。 我が家の給料も上がったとしても取られるものが大きくなれば、可処分所得(手取り)は
2017.11.23
家電・電化製品

時短に効果的!ドラム式洗濯機の乾燥機を使い倒してみた!気になる電気代は?

今年になって洗濯機を縦型からドラム式洗濯乾燥機に換えました(参考:30分時短に!パナソニックのドラム式洗濯機を購入したのでその口コミ) 乾燥までしてくれるので、時短できる!と思い、購入。 共働きである我が家は時短できるモノは時短したいと
2018.08.01
保険

保険は入るほどに損をする?!保険貧乏で家計を傷めないようにしよう

社会人になると保険の加入について、考える機会があると思います。社会人なりたては保険は不要ですが、子どもが生まれると保険加入は検討する人がグッと増えますね。 世帯の保険加入率がいくらかご存知ですか。なんと9割という驚異の加入率です(出典:生
2018.08.08
税金ネタ

年収850万円超の会社員は増税対策必須。税制優遇のiDeCoやNISAのフル活用を

給与所得控除の引き下げが検討されています。 高所得の会社員は増税になりそうです。 【2018年度税制改正で財務省が与党に提案する内容】→法改正されました(H30.3月) 2020年1月~ ◎給与所得控除 最大220万円 ⇒ 最大19
2018.10.12
ポイント制・商品券

ふるさと納税は何がいいの?初めての返礼品選びで迷ったときの厳選5選(還元率高め)

年収がある程度わかってくると、しておきたいのが「ふるさと納税」です。 年収によって納税額が変わってくるので、ふるさと納税の限度額も変わってきますね。 控除上限額シミュレーションをすると、自分の年収だったらどのくらいの限度額になるんだろう
2018.10.16
投資信託

クルマは贅沢品?!マイカー維持費年間50万円vsカーシェア年間10万円がもたらすもの

三大都市圏など都市部の場合、交通網が発達していますので、マイカーに頼らなくてもいいというメリットがあります。 私も田舎に住んでいましたので、どこに行くにもマイカーで移動という感じでした。 駅まで遠かったですし。 マイカーを購入すると、
2018.04.26
株式投資

塩漬け株から学んだこと。感情に負けない「投資ルールの徹底」が必要

日経平均株価は26年ぶりの株高を演出したあと、一転して6営業日連続で下がっていますね。 上がっているときは不思議なもので、「買いに行こう」という気持ちが生まれ、逆に下落局面では「まだまだ下がるかもしれない」と思って動けないものです。 結
2017.11.16
スマホ・格安スマホ

auからマイネオ移行で年6万円も節約(月6GB)。SIMカードが届いた後の手順解説

こんなに簡単だったら、ぐじぐじ悩まなくて良かった・・・と思いつつ、auから格安スマホであるへの移行が完了しました。 「auのiPhone6からマイネオにMNPで乗り換え体験談。月6GB利用でも5,000円の節約に。」で、auからマイネオへ
2018.01.19
統計関連

中流家庭の貯金が減少。手取りも減る中、個人でできる収入アップ対策

厚生労働白書(平成29年度版)が公表されました。 今回は、「所得」や「貯金」などについても詳細にまとめられています。 驚いたのが、アベノミクスで株価は上昇し、景気が上がっているのに、貯金は増えているどころか減っていることです。 賃金は
教育費積み立て

学資保険に加入しないほうがいい3つの理由。解約返戻金は必ず知っておこう。

学資保険はリスキーだなってつぶやいたら、「そうだね」って意見もいただいた。 我が家は第1子が生まれるときに、ソニー生命の学資保険に加入しました。 第2子が生まれましたが、学資保険には加入しないと決めています。 子どもが生まれると、教育
2018.10.14
税金ネタ

サラリーマン大増税時代か?給与所得控除の大幅圧縮が実現すると家計に大打撃

会社員の場合、税金に関心を持つ機会に乏しいですね。 給料から天引きされているのが大きな要因だと思います。 私も確定申告をするようになってから、税金に興味を持ち出しました。 「サラリーマンの所得税ってどうやって決まるの?基本的なことは知
2018.05.21
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえる家電や電化製品のおすすめ11選【2018年版】

ふるさと納税の返礼品のなかでも、人気が高いのが"家電"、”電化製品”です。 例えば、パソコン、カメラ、テレビのほか、ダイソン製品などがあるんです。以前よりは、かなりボリュームは少なくなりましたが、今でも返礼品として扱ってくれています。
2018.09.27
投資信託

投信ブロガーが選ぶ投票に初参加。積立で資産形成している3つのファンドを投票。#foy2017

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」で自分が選ぶ投資信託かETFの投票が、2017年11月1日(水曜日)から11月30日(木曜日)までとなっています。 同イベントはなんと10周年。主催者のrennyさん(ブロ
2017.12.05
家計簿

節約効果が長続きする家計管理。袋わけ管理は、その王道だと思う。

有名ブロガーhanaさんの著書「ずぼら主婦でもお金が貯まる!hana式袋分けファイル家計簿」を読みました。 我が家もhanaさんのブログに出会い、生活費を袋わけ管理することによって、家計管理がグンと楽になりました。 「なかなかお金が
2018.08.02
スマホ・格安スマホ

auのiPhone6からマイネオにMNPで乗り換え体験談。月6GB利用でも5,000円の節約に。

auでの契約が2年経ち、色々と検討しながらauのままでいいかと思っていたのですが、請求が来て一気に気が変わりました。 毎月4,000円くらいだったのが、割引がなくなり、一気に月8,000円以上に上がりました。auピタットプランもありますが
2018.03.18
ファッション

一生モノのダウンジャケットに選んだのは、憧れだった『カナダグース』

持っているダウンジャケットを数年ほど使ってきたのですが、さすがに見た目も含めて、ダサい感じになってきたので、新しくダウンを購入。 寒くなってくると一気に売れてしまうので、いいものがあったら即決して買うというのがいいですね。 この時のため
2018.08.25