家計

子どものお金

【子育て世帯必見】産休・育休・時短勤務で年金が減るのを防ぐ方法とは?

産休や育休を取ると、仕事が免除されますので収入が減りますね。 収入が減ることで影響を受けるのが、将来もらえる年金です。 私たちは、標準報酬月額に保険料率をかけて算出されています。この算出された金額を毎月毎月、、将来受け取るための年金のた
マネープラン

【家計相談】年収1,000万円で4,000万円のマンション購入のライフプランとは

子どもが生まれるとマイホーム購入というのを考えはじめる方が増えますね。我が家もそうでした。 そこそこの広さの物件を借りる家賃よりも「住宅ローン+管理費・修繕費+固定資産税」のほうが安いことがあるからですね。 マイホーム購入にあたって、家
2018.11.16
マネープラン

手取り年収1000万円は小金持ちとして悠々自適。複収入化で実現は十分可能

日本の税制は、所得が増えるほどに税金の負担が重くなります。 稼いだ半分以上が税金で持っていかれると考えると、なんだか切ないですね。 ついこの間、この手取り1000万円で小金持ちになろうという本を読みました。 10年ほど前の本ですが
マネープラン

アラフォーがセミリタイアするのにいくら必要?退職後に失われる給料収入が目安

若いときはなぜ思わなかったのだろう。 会社に勤めて、それで給料をもらって、生活をする。 当たり前のことなんだけど、給料以外の収入源を増やして、収入を増やせば、当然ながら選択肢を増やすことができます。 特に、インカムゲインによるキャッシ
お金の考え方

月30万円の副収入作りの目的。インカム強化で時間を作れれば最高

月30万円の副収入。 これが持続できれば最高です。 もう、かなり最高。 今の生活費は約30万円。 つまり、給料収入があれば30万円投資にぶっ込めます。 毎月30万円、年間360万円、10年で3,600万円投資すれば、年間200万円
教育費積み立て

4年積立した学資保険を解約した理由。やっぱり学資保険には加入しないほうがいい

前に第一子が生まれたときには、将来の教育費のためと思い、学資保険に加入しました。 しかし、そのあと、学資保険では損をしているのではないか?と思い、学資保険の解約を検討していました。 第二子のときには、学資保険には加入しないと決め、現在は
2018.10.25
マネープラン

【5分でできる】人生のマネープランは最低でも5年分を作っておこう

将来の家計支出を考えたときに、「先を見通す力」は欠かせません。 とはいえ、そんなの分からないよ・・・となりそうですが、いわゆる「マネープラン」(またはライフプラン)を作ってしまえば、簡単です。 この収支通りにしなければならないとかではな
2019.01.31
お金の考え方

年収600万円が憧れの年収?ゆとりある生活が送れるってホントなの?

年収600万円あればかなりゆとりある生活が送れるという記事をスマニューでたまたま読みました。 果たして年収600万円でかなりゆとりある生活を送れるのでしょうか。 年収600万円の私が読むとかなり違和感を覚えました。 年収600万円の手
貯金ネタ

金融資産3,000万円以上はどれくらいいるのか?意外に多くの世帯が保有

色々な投資ブログを見ていると、金融資産3,000万円以上の方も多く(しかも30代前半とか若い!)感じたので、3,000万円以上を持つ方がどのくらいいるのか調べてみました。 金融資産3,000万円は、長い年月をかければ達成できるものですが、
2019.04.09
マネープラン

資産寿命を延ばすという考え。10秒でできる便利なシミュレーションを紹介

人生100年時代と言われるなか、自分たちの金融資産を長く延ばすことを考えておく必要があります。 特に定年間近であれば、なおさらです。 30代・40代の現役の私たちもまだ先ですが、考えておく必要があります。今後、増税、社会保険料のアップで