変動金利

変動金利ローン

4000万円の住宅ローンを借りるとどのくらいの返済額になるのか?

住宅ローンを借りる人の半数以上は、変動金利を選んでいます(資料:住宅金融支援機構)。 私はフラット35を借りていますが、変動金利でもよかったかなと思うことがあります。 マイホームを購入する際には、住宅ローンの借入を多くの方がしますので、
2019.02.21
変動金利ローン

住宅ローンで変動金利を選ぶ人はどのくらいいるのか?マイホーム購入の参考に

住宅ローンを選ぶ際に悩むのは、借入額と金利のタイプです。 借入額は各々予算もあるので、千差万別。 金利のタイプは、大きくは3つ。 変動金利(最も金利が低い) 期間固定金利(10年固定など) 全期間固定金利
2019.02.03
変動金利ローン

変動金利5%ルールと125%ルール。適用がない銀行もあるので注意

住宅ローンでは、変動金利で借りることが最も低い金利を享受することができます。 このため、変動金利を選ぶ人が50%以上と最も多いですね。 低金利を実現できているのは、銀行側からすると「金利上昇した際に金利を上げることができる」からです。
変動金利ローン

ネット銀行の住宅ローンは低金利でメリットばかり?メガバンクとの比較

住宅ローンは、空前の低金利です。 特に、ネット銀行は店舗を持たないので、余分なコストがないこともあり、メガバンクなどと比較して低金利を実現していますね。 そのネット銀行の変動金利は、0.4%台を実現するなど超低金利です。 対面で相談で
2019.05.29
住宅ローンの基本

住宅ローンの金利動向。変動金利シミュレーションと出口戦略は考えておこう

住宅ローン金利は、史上最低金利で推移していますが、どれだけ下がってきているのかをまとめてみました。 人口減少社会で、持ち家を持つリスクもあります。 一方で、老後の収入が先細ることが予想されるなか、家計支出のなかで最も大きい住居費を圧縮で
フラット35

住宅ローンは中途半端な固定金利は後悔のもと?金利上昇に悩みたくないならフラット35

マンション購入時に相当悩んだのが、住宅ローンの金利タイプです。 固定金利(フラット35)なのか、変動金利なのか、あるいは、10年固定金利など期間固定金利か。 現状、変動金利がもっとも金利が低く(だと()、借りる側としては有利です。 我
2019.02.21
変動金利ローン

変動金利の3つの注意点。利用してもいいと思う人はこんな人

住宅ローンを選ぶ際に最も悩むのが、金利のタイプです。 大別すると、「変動金利」と「固定金利」に分かれますが、住宅ローンを借りる方の半数以上が「変動金利」を選びます。 みんな変動金利で借りるんだったら、うちも「変動金利でいいんじゃない?」
2018.06.27
住宅ローンの基本

年収600万円で住宅ローン3,000万円を借りるリスク。税込年収の試算は危険

家族ができて、30代になると多くの人がマイホームを考えます。 持ち家率が急上昇する年代ですね。特に、30~34歳のときの持ち家率はグンと上がります。子どもが生まれたり、小学校に上がったりする時期とちょうど重なります。 年収600万円は、
2019.05.02
変動金利ローン

住宅ローン変動金利は0.4%台で借りられる。借り時が低いと金利上昇も耐えられる?

空前の低金利で、住宅ローンの金利も下がっていますね。 人気の高い変動金利の場合、今では0.4%台を提示する銀行も出ています。 私が借りた3年ほど前では、0.7%台とそれでも十分低かったですが、さらに下がっていますね。羨ましい限りです。
2019.04.08
変動金利ローン

2025年に金利1.8%予測も!?住宅ローンは変動金利が有利だけど注意点も

マイホーム購入で悩むもののひとつとして『住宅ローンの金利選び』だと思います。 とある友人は、販売会社の言われたとおりに住宅ローンを組んで、なぜその金利で組んだのか?を聞いたときに「わからん」という一言でした。 私は、提携住宅ローンには否
2018.07.31