米国株

オススメ書籍

【すべての投資家におすすめ】世界一やさしい米国株の教科書

私は前に、給料以外に収入源を作れないかと考え、株式投資による配当金収入を目的とした投資を続けています。 じつはそのきっかけとなったのが米国株ブロガーのはちどうさん(@8do9do)の「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」を読んだのがきっ
2020.06.04
オススメ書籍

【米国株の増配株一覧】増配株は市場平均(S&P500)よりもリターンが良いのか

将来のお金の不安を小さくしていくために、株式投資を続けています。 そのなかでも、私は「キャッシュフローを作ること」を重視しており、株式からの『配当金』を増やすことに注力しています。 コツコツと投資を続けることで、今では年間配当金が130万
2020.05.02
米国株(配当)

【米国(アメリカ)株投資の始め方・買い方】50年以上増配株29社リスト付

株式投資は資産形成をしていくために必要なものですが、その投資先は国内株に限る必要はありません。 米国株には魅力的な銘柄も多いのです。 例えば、Apple、Amazon、Microsoft、Facebook、VISAなど誰もが知っている企業だ
2019.10.31
スポンサーリンク
米国株(配当)

【配当利回り8%超】米たばこ大手・アルトリアグループ(MO)への投資は続けるべきか。

たばこ大手のフィリップモリス・インターナショナル(PM)とアルトリアグループ(MO)の合併協議があったんですが、破談となりましたね。 私は、PMもMOも保有していたんですが、PMは売却済で、MOだけ持っています(JTとBTIも持っています)
2019.10.01
米国株(配当)

【配当利回り7%以上】50年増配(MO)と19年増配(BTI)のたばこ株は市場平均に負け続けるのか。

たばこ株の下落が止まりませんね。 我が家もJTはじめ、米アルトリアグループ(MO)、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を保有しているので、資産毀損が止まりません。 フィリップモリスインターナショナル(PM)だけは売却益だけも
2019.09.14
米国株(配当)

【30年以上連続増配】配当利回り3%以上の米国株は20銘柄

株式投資は資産形成に最適なツールですが、短期で稼ごうと思ってもなかなかうまくいくものではありません。 株式の長期投資をしていく場合、「配当金」が出す企業であれば長期保有にもうってつけです。 株式で得られるリターンは値上がり益と配当金の2
2019.05.06
米国株(配当)

Apple決算(2019年度第1四半期)発表で時間外は株価上昇!最強株の一つと改めて思う

Appleは2年前に50万円ほど買っていたのですが、高配当株への振り向けのため、一端は売却しています。 また、2019年初めには「Appleショック」とも言われ、株価が暴落しました。 Appleが2018年10月~12月期の決算を発表し
2019.02.01
米国株(配当)

【配当王・配当貴族】25年連続以上増配している米国株は131銘柄。利回り3%以上は何社?(’18年末時点)

インカムゲインを安定的に得られる配当金投資は、時間はかかりますが、再現性の高い資産形成の方法です。 ときには、キャピタルゲインも狙うことができます。 世界最大市場である米国株は、株主還元に積極的なグローバル企業が多いため、「連続増配」と
2019.02.25
米国株(配当)

米国株のポートフォリオを再考。分散投資をしすぎても効果は薄くなりメリットも相殺される

収入源を増やして家計を強くしていこうと思った2018年は高配当株へシフトしました。 おかげで年間配当金は税引後約50万円(米国株は1ドル110円で計算)程度の収入が入ってきました。※日本株の配当金込み、前年比約2倍 基本的に減配しない銘
2018.12.13
投資信託

S&P500かVTIへの積立投資はどちらが正解?迷わず積立しておくくらいでよい

人生100年時代と言われ、私たちの寿命は100年くらいになると予想されています。 そのため、資産をどう長持ちさせるかという観点が必要ですね。 労働収入、年金収入だけでは不足が出てくるからです。 最も手軽なのが積立投資です。 買付のタ
2019.01.26
スポンサーリンク